|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺匠ぼんてん9

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/5/20

『麺匠ぼんてん』で、夏季限定の 「黄色トマトの冷やしらーめん」 (900円)を。
情報誌に新しい夏メニューが出たと書いてあったので、早速食べに行ってみました♪

まず目を引くのは、パッと見、ラーメンとは思えないような、オシャレで美しいビジュアル。
女性はもちろんのこと、ムサイ男の自分でも、その綺麗な盛り付けに引き込まれます(笑)

まずは主役であるトマト。
「アイコ」という宮城県産の黄色いミニフルーツトマトが、麺が隠れるほど丼全面に乗せられています。
トマトの味を更に引き出す為、一度塩で〆てから乗せているそう。
まるでフルーツのような甘味と、しっかりとした味の濃さがある、とても美味しいトマトです。

スープは塩味で、魚介スープがベースになっているのですが、表面に浮かべたレモンオリーブオイルや、マスタードの原料という白・黒がらしの効果もあって、洋風よりの味わいになっています。

麺は他のメニューと同じく、東京の人気実力店『麺や七彩』直送の手もみ太ちぢれ麺。
フワッとした優しい口当たりが、冷たいメニューにもピッタリです。

低温調理のモモチャーシューは、薄切りにし、バラの花びらのように成型して乗せるこだわりよう。
千切りキュウリは、冷やしラーメンに、より清涼感を与えてくれます。

途中から別添えの「ガーリックチリオイル」をかけると、フルーティーで優しい味から、一気に力強い味わいにチェンジ!


ぼんてんさんらしい、非常にクリアかつ独創性のある味わいの美味しい冷やしラーメンでした♫
冷やし麺と銘打っていても、それほど冷たくない物も多い中、麺を氷水で冷やし、更に角氷も乗っているので、キリッとしっかり冷たいのもいいですね~。
ちなみにこのラーメン、今まで自分の知らなかった素材が目白押しだったので、もっと勉強しなきゃなぁと思い知らされました。。。




                   by hiro (2011年 123杯目)

  • これは今まで食べた事の無いタイプの冷やしでしたね~。
    「アイコ」のフルーツのような甘みとしっかりとした食感が忘れられなくて、スーパーに買いに行きましたが値段を見てビックリ。そりゃ900円になっちゃいますよね~(笑) -- やお (2011-07-27 23:31:56)
  • やおさん、トマト大好き人間なので、ホント好みのラーメンでした♫
    店主も900円でも割に合わないと言っていました(笑)
    -- hiro (2011-07-28 05:33:25)
名前:
コメント: