|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋7.5Hz(高井田店)〔大阪府〕

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/7/16

仕事関係で香川県に行った帰りに、大阪での高速バスの乗り換えで少々待ち時間があったので、もちろんラーメン食べ歩きを!


大阪食べ歩き、最後の3軒目は『麺屋7.5Hz 高井田店』へ。
大阪市生野の本店を構える、高井田系ラーメンの支店です。

先ほどの『住吉』を初め、老舗が多い高井田系ラーメンの中にあって、こちらのお店はニューウェイブ的存在と言われていて、メディア露出やカップラーメン化などで全国に高井田系を広めたお店でもあります。

ニューウェイブ的存在だけあって、色々と“攻め”の姿勢が見受けられ、醤油味だけでなく塩味も出していたり、営業時間もどの店舗も大概早朝~深夜営業、本店に至っては24時間営業をしたりしています。

ちなみにこの不思議な店名の由来はこちら⇒(店名の由来



食べたのは 「中華そば」 (450円)。
スープは高井田系らしい、油がほとんど浮かないしょっぱめの醤油スープ。

麺ももちろん、硬めの極太ストレート麺!

高井田系のチャーシューは大概モモチャーシューですが、こちらはモモと柔らかなバラチャーシュー2種を乗せています。


先ほどの住吉にも負けない、美味しい高井田ラーメンでした。
更に今の時代にラーメン一杯450円というのは恐れ入ります m(_)m


今回は香川・大阪と、滅多に来れない土地で、色々なラーメンが食べれて、ホント勉強になりました。
共に仙台と違って、ラーメンに土地柄が出ているなぁという印象でした。

今回を機に、まだ行ったことのない土地のラーメンを色々と食べてみたいと切に思いました。

ちなみにこの後、バスに揺られて13時間かけて仙台まで帰りました(笑)






                   by hiro (2011年 121杯目)



  • こんばんは。 梅田店ですが、きのう食べてきました。
    なんとも不思議な味わいですね。うどんじゃないのか! といいたくなる麺に、しょっぱいスープ。それなのに、尾を引くというか。


    満足して、帰る途中に麺屋楼蘭(めんやろうらん)というお店があり、煮干しのにおいが・・・
    こっちで、醤油つけ麺を今日食べて帰ってきました。にぼらーお勧めです。味玉も大変おいしかった。煮干しだけじゃなくて、いろいろはいっているようです。


    このホームページで、7.5Hz という珍しい名前なので覚えていました。
    おかげで、おいしいものにありつけました。感謝。 -- n'Guin (2011-08-21 22:53:41)
  • n'Guinさんも食べてきたんですね!
    ベースは非常にあっさりなんですが、確かに非常に後引く味で、こういうラーメンもあるんだと驚かされました。
    『麺屋楼蘭』、また大阪行く機会があったら、ぜひ行ってみたいと思います!!
    -- hiro (2011-08-22 11:15:37)
名前:
コメント: