|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺創研かなで紅〔東京都〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/5/31

6月30日までJRの震災復興応援企画で普段の半額以下で新幹線が使えるプランがあるということで、少しなりとも被災者なので、ありがたく使わせていただこうと、一泊二日で東京遠征に行ってきました!


3軒目は『麺創研かなで 紅』へ。
2軒目に行った『麺創研かなで 改』のほぼ向い側にある系列店です。
かなで改が淡麗ラーメンに対し、こちらの店舗は全く真逆で、パンチのある辛味噌ラーメンが提供されています。
以前はかなで改の方にありましたが、東日本大震災後から、広い店舗であるこちら側に移転し営業しています。

かなで改の方がカウンター7席のみに対し、こちらはカウンター席も長く、テーブル席もあり、20席近くはありそうです。
店内はオシャレかつシックな雰囲気で、お店の造りにもこだわりを感じます。


まずは丸い氷が入ったお冷がお出迎え。
こういう遊び心、結構好きです(爆)


食べたのは 「紅らーめん」 (790円)を。
スープはしょっぱめに仕上げた濃厚味噌スープ。
豚骨ベースと思われる濃厚スープは、味噌も風味も強めで、ボヤッとした味になりそうなところですが、山椒が効果的に効いていて、ビシッとメリハリが付いています。
上からかけられたラー油は、辛いだけでなく、揚げネギや刻みニンニクが入っているので凄いパワフル!
このラーメンの味を決定づけていると言っても過言ではないパワーがあります。

麺は特注の切り歯によって7種類の太さに切り出した手もみピロピロ麺。
デフォで220gとなかなかの盛りです。
非常に加水が高い感じで、麺肌が滑らかで非常にモチモチとした食感です。
茹で加減は一番太い麺に合わせている感じなので、太めの麺は弾力のあるモチモチ食感、細めの麺は柔らかくソフトな食感に茹で上がっています。

具は豚バラスライス・茹でモヤシ&キャベツ・糸唐辛子・辛味噌。
肉と野菜もデフォで結構なボリューム。
豚バラスライスは生の物を小鍋で味噌スープと一緒に煮るので、しっかりと味が染み込んでいます。


ジャンクでパンチがあり、ボリュームもある、まさに今の時代にハヤリそうなラーメンです。
ちなみにこの紅らーめんは、辛さの段階としては真ん中ですが、私的には十二分に辛かったです(笑)
連食の為、頼みませんでしたが、このラーメンは絶対にライスが合うでしょうね~。





                  by hiro (2011年 88杯目)


  • 三軒目にこちらとはスゴイです
    (@ ̄□ ̄@;)!!
    僕も月二回は通ってます(^O^)
    まさに癖になる塩辛さとボリュームでやめられません -- かがやき (2011-06-04 22:27:09)
  • かがやきさん、この味は中毒性高いですね~。
    今売れるのはこういう味なんだろうなぁと思いながら食べてました。
    流石に3軒目でこのボリュームは結構キツかったです(苦笑)
    -- hiro (2011-06-04 22:42:43)
名前:
コメント: