|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺匠ぼんてん8

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/5/20

『麺匠ぼんてん』で、夏限定の 「冷やしらーめん しょうゆ」 (700円)を。
醤油・塩・味噌の“冷やしらーめん三兄弟”が出たということでやってきました!
ぼんてんさんといえば弓削田醤油!ということで、まずはこちらからいただいてみました。

スープはしっかりと冷やされたあっさり醤油スープ。
ゴクゴクと飲めるような無化調らしいクリアな味わいですが、魚ダシがしっかりと効いていて、冷やしラーメンにありがちな物足りなさは感じません。

麺は手もみのピロピロ太麺。
今や東京駅内ラーメンストリートにもお店を構える、東京屈指の人気実力店『七彩』で使っている物と同じ麺を使っているそう。
中心部分のコシのある食感、エッジ部分のフルフルとした喉越しが楽しめる麺です。
ちなみにレギュラーの「らーめん」「塩らーめん」も、以前のストレート細麺から、こちらの麺に変わったそうです。

具は低温調理したモモチャーシュー2枚・キュウリの千切り。
脂身のないしっとり低温調理チャーシューは、冷やしラーメンの具にピッタリ!
キュウリの千切りも、より清涼感を感じさせてくれます。


ホント夏にピッタリのスッキリと清涼感のある冷やしラーメンでした。
冷やし三兄弟は、ただタレを変えるだけでなく、香味油などもメニューによって変えるなどの差別化が図られているそうで、ぜひ塩・味噌の冷やしも食べてみたいです!





                   by hiro (2011年 81杯目)

  • 提供初日に食べに行って来ました(笑)
    醤油も大変美味しいですが、「ざる中華」のあのジュレ風つけ汁がベースとなってる「塩」もかなり美味しかったですよ~
    -- やお (2011-05-26 00:34:02)
  • やおさん、醤油・塩・味噌、全部香味油やスープなどを変え、味の差別化を図っているのは凄いですよね~。
    手間がかかるので、普通なかなかそこまでできません!
    知人の味噌のスープも飲ませてもらったんですが、酸味と胡麻油を効かせた味でこれまた美味しかったんで、次回は塩と迷っちゃいます(笑)
    -- hiro (2011-05-26 07:38:33)
名前:
コメント: