|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

橋本ヒロシ(仙台店)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/4/27

初訪の『橋本ヒロシ 仙台店』へ。
昨年の10月にオープンしたお店で、ずっと来たかったんですがようやく来れました。。。
飲食業・不動産業などを手がける東京の『ジンコミュニケーションズ』という会社が母体で、福島の郡山店に続き2店舗目とのことです。
ラーメン屋も多く手掛けていている会社で、仙台だと国分町の『あぁ博多人情』(震災により閉店)もそれに当たります。

店内はカウンターのみですが、席数は多く20席くらいはありそうです。
メニューは「石焼つけ麺」「石焼辛味つけ麺」「石焼トマトつけ麺」「石焼カレーつけ麺」のつけ麺4種のみ。
つけ麺専門店と銘打っていても、ラーメンも置いているお店も多いですが、こちらは正真正銘のつけ麺専門店です。


食べたのは 「石焼つけ麺 並」 (650円)を。
つけ汁はドロッと濃厚な豚骨魚介系スープ。
上には魚粉もたっぷりと盛られています。
粘度はかなり高いですが、それほどクドさはなく、インパクトがありつつ、スープそのものも楽しめる味わいに仕上がっています。

「石焼」というように、つけ汁は熱々に熱された石鍋に入っているので非常に熱々!
スープは熱ければ熱いほど粘度が落ちますが、グツグツ沸騰するほど熱くても粘度は結構高めなので、元のスープはかなり高粘度なのでしょう。

麺は極太ストレート麺。
全粒粉をふんだんに使っているそうで、見事なまでに琥珀色に染まっています。
その色の濃さに比例するように、麺を噛んだ時に広がる小麦の風味も非常に感じられる麺に仕上がっています。
食感も全粒粉麺にありがちな硬すぎる食感ではなく、適度な硬さと弾力で、とても美味しいです。
量は並だと少々少なめなので、小食の人以外は大盛以上がおススメです。

具は柔らかバラチャーシュー・極太メンマ・海苔・刻み白ネギ&小口ネギ。
スープ割り後に卓上の刻み玉葱を加え、シャキシャキと噛みながらスープを飲むと、これまた格別!


個人的にはかなり美味しかったです!
今まで行かなかったのが勿体なかったです。。。
連れから味見させてもらった「石焼トマトつけ麺」もホント美味しかったですし、ぜひまた来たいと思います!


今日も美味しい物を食べられることに感謝です。





                  by hiro (2011年 67杯目)



名前:
コメント: