|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ラーメン☆ビリー9

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/2/28

『ラーメン☆ビリー』「つけメン 全部増し」 (800円)を。
結構久々に来たなぁと思ったら、半年ぶりでした。。。
食べたいという気持ちは常々あったのですが、家からの距離(休みの日も忙しい為、最近は30分以上かかる所はどうしても避けがち)や「どうせならニンニクを入れて食べたい」(生ニンニクを食べる時は、基本翌日も休みの時しか食べない)などの関係でなかなか来れなかったのですが、今回時間にもゆとりがあり、かつ翌日も休みだったので、ここぞとばかりにやってきました~。

「ラーメン」も食べたかったのですが、今回は暫く食べていなかったつけメンをチョイス。

つけメンは1年ぶり以上で、当時の記憶は希薄なのですが、以前よりもかなり美味しくなった感じ!
ラーメンの方を食べた時にも感じていたことですが、チャーシューに使う豚の腕肉から染み出た肉ダシが昔に比べかなりしっかりとしていて、ホント旨味たっぷり!!
この手のラーメンは化調を入れてナンボみたいなところもありますが、きっとこちらのスープは化調を入れなくても美味しいと思います。
つけ汁には魚粉もたっぷりと入っていますが、肉ダシがホントしっかりしているので、魚粉のパワーにも負けず、あくまでも味の軸は肉ダシになっています。

何よりも凄いのは、肉ダシとチャーシューの美味しさが両立できていること。
できるだけ肉のダシを抽出しようと長時間煮込むと、それはそれで肉自体の旨味が抜けることにもなるので、チャーシューがいわゆる「ダシガラ」になって、旨味のないパサついた物になることも多いのですが、こちらはこれだけスープに肉ダシの旨味がありながらも、チャーシューも長時間煮込まない感じの旨味がちゃんと残したパサつきがない仕上がり。

それだけ水の量に対し、チャーシューの肉を大量に加えているんでしょうね~。
デフォで大ぶりで分厚いチャーシューが2枚も入るのが、何よりもその証拠だと思います。

何も考えずに一心不乱にガッつくタイプのラーメンではありますが、私的にはぜひ最初だけはスープを味わいながら食べてもらいたいですね。



こちらは 「アブラ飯」 (100円)。
最近登場した新しいサイドメニューです。
白いご飯の上に、角切りチャーシューと、チャーシューダレで煮込んだゴロゴロ背脂が乗っています。
この味付け背脂がメッチャご飯に合います!
もちろん油っぽさもあるのですが、上から降ったブラックペッパーが全体をビシッと引き締め、クドさを大分緩和してくれています。
チャーシューもたっぷり乗っていて、量も決して少なくないですが、価格は何と100円!!
小ライスと同じ100円!!(笑)
他店だったら300円くらい取ってもおかしくない品だと思います。
ラーメン同様、ガッツリ旨い一品です。




                   by hiro (2011年 40杯目)



  • カラシビつけ麺ばかり食べていてノーマルのつけ麺は久しく食べていませんが旨そうですね~
    ラーメンを食べても判りますがホント肉だしがシッカリしていますよね。
    アブラめしは先日私も食べましたが、あれで100円は安いです! -- やお (2011-03-02 01:23:00)
  • やおさん、ホント肉ダシしっかりしてますよね~。
    次回は未食の「汁なし」を食べたいところですが、このスープをより堪能したい気持ちのあるので「ラーメン」と迷ってます(笑)
    アブラ飯、ホント安すぎです!
    味も美味しいですし、マジおススメのサイドメニューです!!
    -- hiro (2011-03-02 01:37:13)
名前:
コメント: