|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし164

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/1/13

『麺屋とがし』で、夜のみ約15食限定の 「ら~麺②(まるに) 中盛・にんにく普通」 (750円)を。
1月12日に登場した新メニューです。
こちらのメニュー、以前スタッフ岩田氏が作った限定「ら~麺②」を、メニュー名はそのままに店主がリニューアルし、夜メニューとして再登場させました!

スープはとがし自慢の濃厚豚骨魚介スープがベース。
多めのタレでややしょっぱめに仕上げ、浮かべる油も粒状背脂を使っています。
これだけでも十分力強いスープですが、乗せられた刻みにんにくを溶かすと、「これでもか!」というくらいパワフルな味わいに!!

麺は同じく夜限定である「汁なし麺」にも使われている極太のストレート麺。
ゴツゴツ・ゴワゴワのガシッとした硬めの食感で、パワフルなスープをもしっかりと受け止める存在感があります。
麺量が並盛200g・中盛300g・大盛400gが全て同価格というのも嬉しいです。

具は極厚チャーシュー・茹で野菜(モヤシ・キャベツ・ニラ)・刻みにんにく。
まるで角煮の如く、厚さ3cm以上もあろうかという極厚チャーシューは、脂身がトロリとトロける柔らか食感。
ちなみにこちらのチャーシュー、個別トッピングとしても登場していたので、恐らく他のメニューにも乗せることが可能かと思います。
刻みにんにくは、無し・少なめ・普通・多めから選択できます。
私的には普通でも結構多めに感じたので、私のようににんにくは好きだけど効きすぎるのはちょっと・・・という方は少なめで頼んだ方がいいかもしれません。


ビジュアルとしては、いわゆる“二郎系”や“3G系”と呼ばれる物ですが、とがしらしさが出た、ここでしか食べられない個性派ジャンクラーメンといえるでしょう。
最近首都圏では乳化を強めたスープのこの手のラーメンが多く登場しているようですが、このメニューほど乳化が強いスープの物は、そうそうお目にかかれないんじゃないかな?(爆)

今回はこの日の3軒目だったので回避しましたが、体調万全の時には、ぜひこの極厚チャーシューをおかずに「白飯」が食べたいです(笑)





                  by hiro (2011年 9杯目)



  • また魅力的なメニューが出たもんですね~(^^
    夜15色限定ですか。こう雪が多い&寒いと夜の笹谷越えは恐怖ですからね。。。
    でも無性に食べてみたいです! -- ビアシン (2011-01-14 10:58:17)
  • ビアシンさん、“攻めのとがし”がまたまた攻勢に出ちゃいました!
    かな~りパンチの効いたラーメンでインパクトありますよ~。
    今の季節の笹谷越えは昼でも辛いですからね、、、
    時間帯や杯数の限定はありますが、今のところ期間の限定はないようなので、春になったら「楽天×ロッテ戦」のデーゲームの帰りにでも、ぜひ寄って食べてみてください♫
    -- hiro (2011-01-15 06:00:44)
名前:
コメント: