|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく343

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/1/7

『くろく』で、気まぐれ限定の 「濃密鶏白湯」 (850円)を。
毎年元日限定を食べに来るので、「その年の初ラー = くろく」でしたが、今年は大みそかにダウンしたので、気まぐれ限定が「2011年 初くろく」となりました。。。

今回の限定は鶏白湯。
丼は最近たまに限定で使われるチューリップ型のオシャレ~な器で提供されます。

あくまでも「濃厚」ではなく、「濃密」にこだわったスープは、油の乳化に頼らず、鶏から出る旨味を徹底的に抽出したという印象で、高粘度ながらもクドさはありません。
このスープ、マジ旨いです!
しかもこちらのスープ、ただ鶏をガンガン炊いて出した濃厚さだけでなく、何と大量の卵をスープに混ぜ込んでいるということ!!
普通卵は火を通すと、固まってしまいそうですが、その辺を店主に聞いてみたところ、自分でやってみなさいと言わんばかりに不敵な笑いで返されました(笑)

麺はレギュラーの「とりそば」用の中細ストレート麺。
具は鉄板焼きバラチャーシュー・コロコロメンマ・鶏そぼろ・ふわ白ネギ・小口ネギ・糸唐辛子・おろし生姜。


鶏白湯は自分でもよく作りますが、自信を喪失させられるくらい(笑)、かなりハイレベルな美味しさでした。
ホントくろくのラーメンは、美味しいだけでなく、面白さを与えてくれ、そして自分には勉強させられるラーメンです。




                   by hiro (2011年 3杯目)



  • hiroさん、あけましておめでとうです。
    くろくのコレ、超~食べたかったです。
    卵っすかぁー?!また秘技が出たんですねぇ~。
    相変わらず引き出しの多さには感服ですネ。
    -- ちょび (2011-01-12 05:57:06)
  • ちょびさん、明けましておめでとうございます!
    鶏白湯に鶏由来の素材を入れるとメルマガに書いていましたが、まさか卵とは思いもよりませんでした。
    今年もくろくさんには「やられた~!」と思わされることが多そうです(爆)
    -- hiro (2011-01-12 10:09:12)
名前:
コメント: