|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし163

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/12/20

『麺屋とがし』「ら~麺 赤 中盛」 (700円)を。
店主ブログで、「赤」の味を変えたということで早速行ってみました♪

今までの赤は、エスニック調の複雑な味わいのスパイス味でしたが、唐辛子系メインの分かりやすいウマ辛味に。
以前の味は私的にはかなり好きでしたが、確かに“分かりづらい味”ではあったので、今回の方が間違いなく幅広い層に好まれると思います。
しかも今回から、辛味が小辛・中辛・大辛の3段階から選べるようになり、より幅広い人が頼みやすくなりました。

今回は中辛いただいた中辛は、辛味耐性がそれほど強くない自分の感覚では、結構辛く感じたので、辛味耐性にあまり自信がない方は小辛から頼んだ方がいいかも?


麺も変更点があり、「ら~麺」の麺の量が今までは180gのワンサイズのみの提供でしたが、並盛150g・中盛200g・大盛250gから選べるように。
ガッツリ食べたいけど、ら~麺じゃ足りなかったという人には朗報です!
量が選べるようになっただけでなく、麺そのものもプチリニューアルされ、今までの加水低めでかなり硬めの個性派食感から、以前よりモッチリ食感のあるややソフトな歯ごたえへシフト。
以前の個性派ゴツゴツ食感も好きでしたが、今回の麺はスープとの相性が抜群によく、かな~り好み!

ちなみに、ら~麺だけでなく夜限定の「汁なし麺」も並盛200g・中盛300gだったのが、大盛400gも登場!
しかも大盛でも価格は据え置きということで、こちらもよりガッツリ食べたい人には嬉しいですね~。
(「つけ麺」は今まで通り、並盛200g・中盛300gが同価格、大盛400gが+100円、特盛500gが+200円となっています)

具のチャーシューも、以前の歯ごたえをしっかり残した弾力のある食感から、やや柔らかめに仕上げるようにしたそう。


とがしらしい個性を残しつつ、お客さんのニーズにも合わせた、非常に上手に進化をさせたと思います。
「赤」はもう少し手を加えたいということなので、近いうちにまた食べてみます!


ちなみにその他変更点で気づいたのは、つけ麺用の割りスープが、店員さんに頼むシステムから、卓上にあるポットで自分で割るスタイルになりました。
個人的には自分で加える方が、好みの濃さにできますし、割り用のスープベースの味も確かめられるので嬉しいです♪
あと、卓上にBOXティッシュが置かれるようになったり(これが一番嬉しいかもw)、一時期卓上から撤去していた胡椒が、また卓上に置かれるようになりました。
繁盛店でも人気におごれることなく、それに満足することなく日々進化させる姿勢こそが、人気店で居続けられる秘訣なのだと思います。





                  by hiro (2010年 252杯目)



名前:
コメント: