|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈117

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/10/19

『本竈』で、平日夜限定の 「本竈の豚そば」 (800円)を。
10月末頃までの限定メニューです。

たっぷり茹で野菜に刻みニンニク。
ビジュアルはいわゆる「二郎系」ですが、スープを一口ススルと、「ガツン!」ではなく、きめ細かな重層的な旨味がジワジワっと口の中に広がります。
レギュラー用のスープと同じかは分かりませんが、そんな雰囲気の、いかにも本竈らしい旨味が何層にも折り重なる重層スープです。
表面にはたっぷりの脂も浮いていますが、一般的な二郎系のようなクドさはなく、ちょうどよいこってり感を与えてくれています。

麺はつけ麺に使われている太麺。
モチモチッとした弾力のある食感で、こってり重層スープとの相性も思いのほかよいです。
麺はデフォで220gと結構なボリューム。
今回は連食予定だった為、自重しましたが、無料で大盛(330g)にすることもできます。

茹で野菜(モヤシ・キャベツ)の“山”は、それほど高さはないですが、広い口の丼に幅広く盛っているので、見た目以上にたっぷり。
チャーシューはかなりデカくぶつ切りにしたブロックチャーシューが3ヶも!
食感も適度に弾力を残した、パサつきのないジューシーな仕上がりで、スープにじっくり浸してから食べるとこれまた旨い!
一般的な二郎系と違い“飲めるスープ”なので、私的には刻みニンニクは最初は混ぜずに、スープそのものの味を堪能してから混ぜるのがおススメ。


以前一度二郎チックなラーメンを出したことがありましたが、その時よりはるかに美味しかったです!
いわゆる二郎っぽさは控えめなので、物足りないという人もいるかもしれませんが、私的にはこの味は、かなり“アリ”です!!

上にも書きましたが、こちらのメニュー、提供は10月末頃までの平日夜のみなので、食べに行く予定の方は気を付けてください。

ついでに、今までは夏季限定だったつけ麺が、10月よりついにレギュラー化しました!
しかも夏季限定だった「醤油つけ麺」と「胡麻の辛いつけ麺」だけでなく、冬場の期間限定でよく出された「ゆず塩つけ麺」も一緒にレギュラーに仲間入り。
更につけ麺は大盛無料!!
本竃のつけ麺レギュラー化は、個人的にも切望していたことなので、今後来訪が増えること間違いなしです!




                        by hiro (2010年 205杯目)


  • ああっ。。こちらも平日夜限定。。
    刻みニンニクと茹で野菜ときながらも、見た目からも本竈さんらしさを
    感じます。 -- ビアシン (2010-10-22 10:07:52)
  • ビアシンさん、こっちも平日夜限定なんですよ(爆)
    盛り付けも雑なことが多い二郎系でも、本竃さんが作るとビジュアルもキレイですよね♪
    味も二郎らしさこそ控えめですが、純粋にラーメンとして美味しいです!
    -- hiro (2010-10-22 22:19:43)
名前:
コメント: