|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし160

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/8/27

『麺屋とがし』「つけ麺 黒 中盛」 (800円)を。
もはやローテーションを忘れてしまったので、どれを食べるかヒジョ~に迷いましたが、連食ということもあり、とがしのメニューの中では、インパクトよりも比較的バランス重視で食べやすい黒をいただきました~。

食べやすいといっても、あくまでも「とがし基準」(笑)
宮城でも屈指の超濃厚豚骨魚介スープは、大迫力の味わい!
ただ、こちらの「黒」に使われる魚系の香味油は、他のメニューの香味油より、スープとの一体感が最も強く、食べやすい印象です。

全粒粉をふんだんに使った極太麺は、しっかりとした歯ごたえながら、あくまでも硬すぎず、その弾力を楽しめます。
麺自体の小麦の風味もしっかりしているので、そのまま食べても美味しい麺です。

ザクザクメンマや、炙り焼きのバラチャーシューも、スープや麺に負けない存在感の強さがあります。


今やつけ麺の定番といっても過言ではない濃厚豚骨魚介系ですが、こちらのお店のは、美味しいというだけでなく、個性も際立っているのがいいですね。
この個性こそが、豚骨魚介が多数増える中でも、変わらぬ人気を保っている秘訣なのだと思います。





                  by hiro (2010年 176杯目)



名前:
コメント: