|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋 十郎兵衛〔秋田県〕2

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/8/8

この日はラー友と2人で秋田遠征に行ってきました!

最後の3軒目は『麺屋 十郎兵衛』へ。
8月6日にオープンしたばかりの新店です。
こちらのお店、hiroのラー友でもあるマサさんが、脱サラして開業したお店なのです!
店主は修行経験がなく独学ですが、家庭用コンロでチマチマ自作しているhiroと違って、自宅にラーメン工房を構え、スープ作りだけでなく、製麺機も導入し、更に製麺した麺を実際にお店に卸していたという経歴の持ち主。

連食3軒目ということで、腹にもあまり余裕がなかったので、同行したラー友とシェアして食べました。。。

2杯目は 「中華そば」 (550円)を。
1杯目に食べた動物系と魚介系のWスープの「らーめん」に対し、こちらは何と魚介スープのみを使用!
香味油をも浮かべていない、一滴も油が浮かないスープは、非常にスッキリかつキレがあるスープです。
とてもあっさりなのですが、不思議と物足りなさは感じません。

麺は硬めに茹で上げた自家製の細ちぢれ麺。
この麺、メチャクチャ魚介100%のスープと合います!
恐らく麺をちぢれさせないだけで、このラーメンそのものの印象がガラッと変わってしまいそうなくらい、繊細なラインでこのスープと麺が絶妙なバランスを取り合っている印象です。

具は肩ロースチャーシュー・太メンマ・海苔・刻みネギ。


こってり系の「らーめん」に負けじと、こちらも美味しかったです。
美味しいというだけでなく、同じ人が作ると、こってりでもあっさりでも大概似た雰囲気が出てしまうものですが、こちらのらーめんと中華そばは、同じ人が作ったとは思えないくらい、しっかりと差別化されているのが凄いと思いました。

2杯ともホント大満足でした!
ただ唯一心残りなのが、お腹の関係で「つけ麺」が食べれなかったことですが、こちらは次回の楽しみに取っておきます(笑)





                   by hiro (2010年 167杯目)


  • 激辛坦々麺さん、激サブ担々麺さん、激辛よろしく担々麺さん、コメントありがとうございます。
    コメントを削除するのは、できるだけしたくないのですが、こういったやり取りは記事元のお店にも迷惑がかかる可能性がありますので、すみませんが削除させていただきます。
    お互いに言い分はあると思いますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    -- hiro (2010-08-11 15:08:35)