|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく331

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/7/23

『くろく』で、気まぐれ限定の 「利尻昆布と礼文の塩」 (850円)を。
先日、北海道に行ってきたという店主が、利尻島で食べたラーメンを思い出ごとブラッシュアップして作ったというラーメンです。

スープはあっさりとした塩スープ。
今まで食べたラーメンの中でも、最も昆布の旨味が前面に出ています。
味付けは、北海道の礼文島で作っている塩を使用。
塩自体を味見されてもらったのですが、トゲトゲしさのない、まろやかな、いかにも日本人好みの塩という印象です。
香味油は表面に浮かべず、白ネギの上にかけられていて、序盤はより昆布主体のスープを堪能できる寸法です。

麺は中細のストレート麺。
恐らくレギュラーの「とりそば」にも使われている麺で、滑らかな喉越しが堪らないです。

具はバラチャーシュー・細切りメンマ・ふわ白ネギ・小口ネギ。


あっさりながらも、旨味がギュッ!と詰まった、美味しいpure系ラーメンでした!




                   by hiro (2010年 156杯目)



名前:
コメント: