|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋政宗

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/6/25

新店の『麺屋政宗』へ。
6月28日にオープンした、名取の『なると家』さんのセカンドブランドのつけ麺店です。
この日は関係者プレオープンをやるということで、お邪魔してきました。

お店は仙台駅前のアエルの真向かいにある仙台の一等地。
お店の入り口はあまり広くないですが、看板が目立つので、探すのには困らないでしょう。

券売機はお店の入り口にあり、タッチパネル式。
メニュー数が多いので、一見複雑そうに見えますが、画面上で丁寧に説明されるので、初めての人でも大丈夫かと思います。

店内はカウンターが10席程度と、テーブル席が1,2卓あったかと思います。
外装もそうですが、有名店舗プロデュース会社『パシオ』が手がけたということで、非常に雰囲気のよい造りになっています。


「つけ麺 オール 普通盛り」 (プレ価格で無料)を。
何を食べたもOKということなので、全部乗せメニューであるこちらを(笑)
本来は1,100円の品です。(→メニュー表

つけ汁はドロッとした高粘度の豚骨魚介スープ。
魚粉を浮かせ、甘味も強く効かせた、首都圏などで最も流行っているタイプのつけ汁です。

麺は極太のちぢれ麺。
超有名製麺所『浅草開化楼』製の「ふへん者」という麺を使用しているそうです。
食感はやや柔めのモチモチ感を前面に出しています。
量も普通盛りで200gで、大盛り(300g)は無料サービスで、あつもりも可能です。

具は「オール」だとデフォの格子チャーシュー・メンマ・刻みネギの他に、味玉・茹で野菜・炙りチャーシューなどが追加されます。
炙りチャーシューは香ばしく、肉厚で美味しいです。


こちらのつけ麺が何といっても面白いのは、こちら↓
何とミニサイズのIHヒーターでつけ汁を再度温めなおすことができます!
そういうのもあって、つけ汁の器がステンレスなんですね。
思った以上にスープが沸騰するのが早く、待つストレスもありません。
温めたつけ汁の器は、上の方を持てばほんのり温かい程度で問題なく持てますが、一応器を持つ為の道具も用意されています。
「つけ麺の食べ方」を見ると、このIHヒーターを駆使し、ご飯と溶き卵を入れ、雑炊にして食べることもできるというのも面白いです。


メニューはつけ麺だけでなく、油そばやラーメン系も何種類か用意されているので、色々と食べてみたいと思います!





                  by hiro (2010年 142杯目)



名前:
コメント: