|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ゆうとくんを救う会

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページの作成日:2010/6/17

 

 宮城県宮城郡利府町在住の横山由宇人くん(5歳)の心臓移植手術の為の募金活動に、当サイトも少しでも力になれればと思い、こちらで紹介させていただきます。

 

ゆうとくんを救う会 公式サイト

 

 

 


 

 (公式HPより抜粋)

 

 宮城県宮城郡利府町在住の横山由宇人くん(5歳)は、2009年11月に特発性拡張型心筋症を発症し、現在東北大学病院に入院しています。特発性拡張型心筋症は心臓の筋肉が薄くなり、心臓が拡張してポンプ機能が低下し、全身への血液循環が悪化する進行性の病気で、もっとも重篤な心臓の病気です。由宇人くんに対して入院時から心不全に対する薬物治療、さらに集中治療室では、人工呼吸器や血液透析を併用しつつ内科的治療が行われましたが、これらの治療の効果なく心不全が極度に悪化したため、補助人工心臓を装着して何とか一命を取り留めました。

 

 現在由宇人くんに装着されている補助人工心臓は、国内の保険診療下で唯一使用できる補助人工心臓ですが、本来成人患者の体格に合わせて作られた人工心臓です。由宇人くんのような体重約15kgの子供に装着された場合、人工心臓内の血流が滞り、容易に血の塊(血栓)を形成してしまいます。その血栓が原因で脳梗塞を発症する可能性は非常に高くなります。一方この血栓を予防するために、成人患者以上に強力な抗凝固療法が必要になるのですが、それが原因で脳内出血の危険が高くなります。したがって、由宇人くんに半年以上補助人工心臓を装着しているのは大変危険なことは分かっています。

 

 補助人工心臓装着後の検査で由宇人君の心臓の回復は認められず、残された治療は心臓移植だけです。現在日本では15歳未満の臓器提供が認められていないだけでなく、国内での移植待機期間は長く、その間に致命的な合併症を起こす可能性があり、死と隣り合わせの日々が続いています。そのため海外での心臓移植を決断するに至りました。

 

 東北大学病院の医師団の御尽力で、米国コロンビア大学病院での渡航移植の受け入れが決まりましたが、渡航移植をする場合、日本の医療保険制度は適用されず、移植手術費、渡航費、滞在治療費など1億3500万円もの莫大な費用が必要になります。……由宇人くんは「パパ、ママ、ぼくおムネの病気が治ったら幼稚園に行ってお友だちといっぱいあそびたい、好きなものもいっぱい食べたいな!」という5歳児ながらの強い生きる意志を持っています。そこで、私たちは何としても由宇人くんの命を助け、由宇人くんが以前の生活を取り戻せることができるようなお手伝いをさせていただきたいと考え、「ゆうと君を救う会」を結成し募金活動を開始することにしました。来年3月、幼稚園の友達といっしょに卒園し、桜舞う4月には小学1年生として入学式を迎えられるよう、由宇人くんの小さな命を救うために、皆さまの善意におすがりするしかない状況をどうぞご理解いただき、温かいご支援とご協力を賜りますようどうぞお願い申し上げます。

 

 

 


 

 

 由宇人くんが一日でも早く渡米し手術を受けられるよう、そしてこの笑顔を未来に残せるよう、皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

ゆうとくんを救う会 公式サイト

ゆうとくんを救う会 公式サイト