|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺匠ぼんてん

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/5/6

新店の『麺匠ぼんてん』へ。
5月3日にオープンしたばかりのお店です。
2007年7月に惜しまれつつ閉店した『麺匠むさし坊 仙台店』の店長を務めた沖田さんがついに独立開業!
更にむさし坊の時と同様、東京の『麺や 七彩』@都立家政の阪田氏バックアップということで、否応にも期待してしまいます。

店内はオープンキッチンのカウンターのみ10席程度の座席数。
清潔感のある落ち着いた造りで、女性にも好まれそうな造りです。
沖田店主とはむさし坊時代から顔なじみでしたが、スタッフの方も知っている人だったのにはちょっとビックリしました(笑)



食べたのは 「らーめん」 (580円)。
スープは非常にあっさりとした醤油スープ。
軍鶏を主体とした鶏スープに、サバ節を効かせているそう。
いかにも無化調といった澄んだ味わいですが、物足りないという感じは全く皆無で、飲めば飲むほど、その美味しさに引き込まれていきます。
特にサバ節の扱いば見事で、酸味を感じさせないギリギリのラインで抽出しているのが流石です。


麺も具も一切手抜きなし!
麺は七彩から取り寄せているという、色がやや茶色がかった中細ストレート麺。
しっかりとコシのある食感で、細めであっても、後半までヘタリも少ない、非常に美味しい麺です。

具はバラとモモチャーシュー1枚ずつ・極細メンマ・刻み白ネギ。
チャーシューはバラはしっかり煮込んだ柔らか仕上げ。
モモは低温調理し、中心部がほんのりピンクがかった、ローストビーフチックなしっとり仕上げ。
メンマはザクザクッとした食感が堪らないです。


こちらは 「TKG」 (220円)。
「TKG」とは、「Tamago Kake Gohan」の略。
お江戸の方では結構メジャーな呼び名ですが、こちらではまだまだ浸透していないので、券売機にもちゃんと「玉子かけごはん」と書かれています。

熱々の白飯に黄身の色が濃い卵に生醤油、刻みネギをかけていただきます。
シンプルですが、これがまた旨い!
美味しさのあまり、調子のり過ぎて醤油かけすぎて少々しょっぱくなってしまったのが次回への教訓です(爆)
茶碗は高台が付いていないので、持つと少々熱いので、置いて食べた方がいいかもしれません。



オープン時からこのレベルの味を出せるのは凄いですね~。
この時点で、仙台屈指の淡麗醤油ラーメンといっても言いすぎではないでしょう。
この味、しかも無化調で580円は凄すぎます!!
現在は醤油のみですが、券売機表示を見ると塩ラーメンも出すようなので、今後も楽しみです!




                   by hiro (2010年 111杯目)



  • 初日に行きましたが素晴らしく美味しかったです。
    TKGも美味しそうですね~
    見覚えのあるスタッフの方だと思っていましたがやはりそうでしたか(笑)
    -- やお (2010-05-11 00:04:02)
  • やおさん、ある意味予想通りですが、もはや人気店のような風格さえ漂う味わいでした!
    TKGは醤油がドバッと入るので気をつけてください(笑)
    スタッフの方は色々な人気店での修行経験があるので、きっとただのスタッフ以上の働きをしてくれると期待しております。
    -- hiro (2010-05-11 10:15:12)
名前:
コメント: