|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ヘルズキッチン

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/4/26

この日よりプレオープンの『ヘルズキッチン』へ。
富谷町にオープンした新店です。
グランドオープンは4月30日とのことですが、それに先駆け26~28日の3日間、プレオープンが行なわれるとの噂を聞きつけやってきました。
外装は以前民家か何かだったような風貌ですが、店内に入ると、店名の流れを汲むパンクな雰囲気。
客席はうろ覚えですが、カウンターが5席に、テーブル席が1卓(だったかな?)、小上がりは3,4卓くらいあったと思います。


食べたのは 「鯖鰺鰯煮干ラーメン」 (680円)。
プレオープン初日であるこの日は、この煮干ラーメンのみの提供。
このお店唯一のあっさりメニューと書いてあるとおり、スープはかなりあっさりな醤油スープ。
魚干し独特の雑味は全くといっていいほどなく、旨味のみを抽出したという印象。
非常に重層的、かつ今まであまり食べたことのないような独自性の高い味わいです。
あくまでも個人的な感覚ですが、何となく寄せ鍋を食べた後のつゆのような、色々な材料が複雑に絡み合った味わいに感じました。

麺は中細ストレート麺。
ややボソッとした加水低めな感じの麺で、スープとの相性も上々です。
この手の麺はどうしても麺同士が絡みやすいので、提供時にもっと麺をほぐして出すと尚いいかもしれません。

具は厚切りバラチャーシュー・板メンマ・海苔・ナルト・三つ葉・刻みネギ。
味玉はプレオープン期間はサービスで提供されます。
その味玉は塩卵というような、ほぼ色付かない色合いですが、味はしっかり付いていて、トロリと半熟で美味しいです。
メンマは板の物を太めにカットしていて、歯ごたえも結構硬めのザクザク食感ですが、繊維が横になるようにカットしているので、噛み切りやすいです。


ウリはあくまでも濃厚豚骨のお店ですが、あっさりメニューのこちらも、一切手抜きなしでこだわって作ったというのが伝わってくるようなラーメンでした。




                   by hiro (2010年 104杯目)



名前:
コメント: