|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし151

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/2/24

『麺屋とがし』で、この日夜から30食限定の 「海老香る塩ら~麺」 (800円)を。
もはや慣れっこのとがしの突然限定ですが、今回は前日ブログで店主が思わせぶりなことを書いていたので、何となく予想しておりました(爆)

今回の限定は無化調の淡麗塩ラーメン。
店主が大好きなお店をちょっとだけ意識して作ったラーメンとのこと。(多分〇〇〇かな?)

透明感の高い塩スープは、無化調ながらも旨味がしっかりとしていて、物足りなさは皆無。
表面の油はたっぷりと浮かべてありますが、全くクドくなく、クリアな味わいです。
海老はそれほど主張させず、ほのかに香る程度に抑え、スープの旨味を存分に堪能できます。

麺は平打ちの中太ちぢれ麺。
フワッとした優しい食感で、とがしでは食べた記憶のないタイプの麺です。
クリアな無化調塩スープとの相性が非常によく、まさにこのスープの為に生まれてきたような麺といえるくらい、スープとの相性バッチリです!

具はチャーシュー・メンマ・白髪ネギ・小口ネギ。
チャーシューは、いつものバラではなく、限定仕様の肩ロース?チャーシュー。
とても香ばしく仕上がっていて、チャーシューだけでも満足できてしまうくらい美味しいです。


これをレギュラーとして出しても恥ずかしくないような、美味しい塩ラーメンでした。
いつもと勝手が違う淡麗系ラーメンも、しっかりと仕上げてくるのに感服です m(_)m





                  by hiro (2010年 57杯目)



名前:
コメント: