|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく313

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/2/19

『くろく』で、2杯喰いの1杯目、気まぐれ限定の 「ほっこり鶏白湯」 (850円)を。
手前のネギの部分のみに鶏油を浮かべてあり、「最初は油のない部分のスープから飲んでみてください」とのことで、奥側から飲んでみると、生姜の風味がグワッ!と押し寄せてきます。
ドロッとしながらも、クドさのない鶏白湯スープと、生姜が非常にマッチング!
このスープ、とんでもないくらい美味しいです!!

そして続いて鶏油を浮かべた部分のスープを飲んでみると、こちらはラーメンらしいコクがプラスされる代わりに、生姜の風味は大分大人しめ。
油だけで、これだけ味の感じ方が違うんだなぁと。。。
最初は油のない部分を飲んでと言われたのも納得です。

麺は中細のストレート麺。
加水低めの麺と、濃厚スープは非常に相性いいです。
具はバラチャーシュー・デカメンマ・白ふわネギ・小口ネギ・糸唐辛子。


この前の「複雑鶏白湯」の時もそうでしたが、くろくの鶏白湯、かなり旨いです!
最近店主は鶏白湯作るのにハマっているそうなので、ドンドン作っちゃってください!(笑)




                   by hiro (2010年 51杯目)



名前:
コメント: