|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

あぢとみ食堂〔埼玉県〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/11/28

この日はラー友と2人で、強行日帰り埼玉遠征へ!
今回の遠征は、埼玉でも外れの方にある、“ラーメンの隠れ里”として名高い比企郡方面へ行ってきました。
ずっと行きたいと思っていた方面ですが、車がないとなかなか行くことのできない場所の為、今回は長距離運転慣れをしたラー友の力を借り、ようやく実現することができました♪


3軒目は『あぢとみ食堂』へ。
東京の超有名店『天神下 大喜』@湯島で修行した店主のお店です。
最初、本に載っていた住所に行ったら、シャッターが閉まっていて、「マジっすか・・・」と思ったのですが、シャッターに貼ってある貼り紙を見たところ、近くに移転したとのことで、ホッと胸を撫で下ろしました(笑)
現在の店舗は、元々お父さんがやっていたお店のようです。
移転後のお店の着くと、お昼時は外れていたのですが、駐車場には車が20台くらいは停まっていて、かなりの人気ぶりが伺えます。


食べたのは 「正油太麺」 (750円)。
スープは酸味を感じるほどに魚節を効かせた醤油スープ。
節粉も加えてあり、あっさりながらも力強いパワフルな味わいです。
魚の香りも非常に立っていて、作るところを見ていたところ、茶漉しのような物に削り節か節粉を入れ、それを丼に注いだスープに軽く浸していたので、それがこの香りの秘密かと思います。


モッチモチ!
麺はややちぢれの入った太麺。
まるで手打ちうどん、あわよくば餅と言ってもいいくらいスッゴイ弾力です。
汁ありラーメンの麺で、ここまで弾力のある麺は初めてかも?
麺の量が少なめなことが多いあっさりタイプのラーメンですが、こちらはなかなかの量で、恐らく200gはありそうです。

具は肩ロースチャーシュー2枚・メンマ・海苔・カイワレ。



大喜出身ですが、それとは一線を画した、独自性の高いラーメンです。
連れが食べた「塩太麺」は、醤油とは全く違った繊細な味わいでしたし、細麺も選べるのですが、細麺と太麺でスープの濃さも変えているそうで、店主の様々なこだわりを感じます。
しいて言えば、丁寧に作っているからか、私達が席に着席してからラーメンが出てくるまで40分ほど待たされたので、回転の悪さが難点でしょう。

お店でも気になったのですが、辛いラーメンが非常に美味しいと評判なので、再訪できたら、そちらも食べてみたいです。





                   by hiro (2009年 323杯目)



  • 私が食べた塩太麺も無化調とは思えない奥深い味わいでした。
    次回は細麺を食べて見たいです。
    -- やお (2009-11-30 23:40:06)
  • やおさん、醤油と塩でスープのタイプが全然違いましたよね。
    塩はかなり繊細な味わいだったので、細麺だと、より相性よさげです。
    私は辛いラーメン気になります(爆)
    -- hiro (2009-12-01 08:44:32)
名前:
コメント: