|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

喰櫓武5

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/10/13

『つけ麺屋 喰櫓武(くろむ)』「手打ちつけ麺 大盛」 (700円)を。
本当は「辛醤麺」を食べる予定で来たのですが、ちょっと前に休止したそうです・・・(涙)
でも、ノーマルつけ麺も結構な期間食べていなかったので、すぐさまこちらに変更。

相変わらずスッゴイ麺です。
全粒粉使用の超多加水ボコボコ手打ち麺は、宮城ではここでしか味わえないオンリーワンな食感。
以前は切れている麺も多かったですが、来る度にその辺が改善されてきていて、本日は切れて短い麺が0本。
麺の食感もドンドンよくなってきている印象で、製麺技術に磨きがかかってきているのが伝わってきます。

豚骨魚介系のつけ汁は、以前はカレー風味でしたが、この日はカレーを感じない物になっていました。
私的にはカレー風味も独自性があって好きでしたが、ベーススープの味がよくなっているので、カレーに頼らなくても十分美味しいです。


特別なお肉です。
今日はチャーシューが特別品ということで、いつものパサパサモモチャーシュー(笑)ではなく、豚頭の肉を使ったチャーシューとのこと。
脂身にゼラチン質を感じる独特な食感で、肉の味が濃く、しっとりと仕上がっていて、なかなか美味しいです。
バーナーで炙ったことによる香ばしさもいいですね。


以前はイロモノ的なつけ麺という雰囲気でしたが、現在はその域を完全に脱却した、完成度の高いつけ麺になったと思います。
今後も非常に楽しみなお店です。

ちなみに辛醤麺が休止した代わりに、10月14日(水)より「ら~めん“葱とニンニク仕立て”」(800円)が始まるとのこと。
生ニンニクを使ったインパクトのあるラーメンとのことで、これも早く食べてみたいです!






                   by hiro (2009年 281杯目)


  • これ、ホントにおいしいですね。
    今日行って来ましたが、バーの雰囲気から思ってもいないようなつけ麺が出てきてびっくりしました。
    わずかにカレーの香りはしましたが、前面ではなく後味に感じる程度でした。
    麺は食感が良く、とてもすすれませんがその分、食べ応えは抜群です。
    小麦の味も濃くて、とても良かったです。
    チャーシューは角煮のようなトロトロ肉でしたが、炙っているので香ばしさもありました。
    家を出るまではパスタを食べに行くつもりでしたが、この記事を思い出して急遽変更。
    行って良かったです!!
    よいお店を教えてもらい、ありがとうございました!! -- nagi (2009-11-18 15:20:03)
  • nagiさん、マイドです!
    ここの麺は、宮城では間違いなくここでしか食べれないオンリーワンな味わいなので、私も重宝しております♪
    nagiさんが食べたチャーシューも、恐らく私が食べた時の特別版と同じ物でしょうね~。
    オープン当初より、麺だけでなく、スープも進化していて、もはやイロモノのレベルを脱し、他の人気ラーメン店と比べても、全く遜色ないレベルのつけ麺だと思います!
    -- hiro (2009-11-19 08:38:30)
名前:
コメント: