|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

石焼らーめん火山(泉高森店)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/10/9

新店の『石焼らーめん火山 泉高森店』へ。
10月1日にオープンしました。
栃木に本社を構える『株式会社 雅秀殿』が経営するラーメン店で、仙台にもここを含め4店舗展開しています。
私としては、数年前に国分町店で食べた時以来です。


食べたのは 「石焼野菜とんこつらーめん」 (819円)。
看板メニューである石焼野菜らーめんは、醤油・塩・とんこつに、味噌が3種あります。
その中から、今回はとんこつをチョイス。

まずは麺と具だけ石鍋に入れた状態で提供され、お店の方がスープを目の前で注いでくれます。
そうすると、写真で見て分かるとおり、火山のマグマのようにスープがグツグツと沸騰します。
あまりの沸騰に、スープが石鍋から思いっきりあふれ出るほど(笑)

スープを注いだところを見た感じ、ベーススープ自体はサラリとした物だと思いますが、急激な沸騰により、水分が飛び、適度にトロッとした粘度のあるスープに変化しています。
この沸騰による粘度の上昇を計算したベーススープの濃度なのだと思います。

麺は中細のちぢれ麺。
最もポピュラーな、いかにも中華麺といった感じの万人向けの麺です。

具は豚スライス・白菜・モヤシ・ニラ・人参・玉葱を炒めた物と半割味玉。
沸騰により、炒め野菜の甘味がスープににじみ出ています。


この石焼らーめんには、ミニライスと杏仁豆腐も付いてきて、ライスは雑炊風として楽しめ、ひんやり冷えた杏仁豆腐は、熱々にヤラレた舌をリセットしてくれます。


高森は住宅地でマンションも多く、家族連れが多く訪れるでしょうから、こういうパフォーマンスは、子供は喜びそうですね~。
オープンして間もないからか、オペレーションがまだ不慣れな感じを受けたので、もう少し時間が経ってから、再度来てみたいと思います。





                  by hiro (2009年 278杯目)



名前:
コメント: