|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋久兵衛59

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/10/6

『麺屋久兵衛』で、平日夜限定の 「Nibo Butoそば west version 大盛」 (800円)を。
新潟のご当地ラーメンの一つである燕三条ラーメンをモチーフにした、今月の限定ラーメンです。

スープは煮干と豚を使った濁らせないスープ。
あえて醤油強めの、ややしょっぱめに仕上げています。
表面には軟らかく炊いた豚の背脂が、全体を覆うほどたっぷりと浮かんでいますが、しっかりと脱脂されているので、クドさはほどんど感じません。

麺は手もみした極太ピロピロ麺。
灰分量が高い小麦粉を使用した感じの琥珀がかった色合いです。
手もみによって作られた不規則なちぢれが、食感にアクセントを与えています。

具のチャーシューは硬めの食感で、脂身も少ないですが、しっとりとしたパサツキのない仕上がりです。
燕三条系に付き物の刻み玉葱は、シャキシャキとした食感のアクセントだけでなく、背脂のこってり感を緩和してくれます。
具の中では特に岩海苔が非常にスープとマッチしていて、このラーメンには欠かせない存在だと思います。


これはマジ旨かったですね~。
この手の味は、hiroが純粋に好きな味ではありますが、他店も含め、今まで食べたこれ系のラーメンの中でも、トップクラスに美味しいです!
この手の味のラーメンは、私の知るかぎりでは現在仙台で食べれるお店はないので、ぜひ度々出してほしいですね。






                   by hiro (2009年 275杯目)


名前:
コメント: