|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺家かぐら〔山形県〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/9/6

この日はラー友2人と山形遠征へ。

3軒目は、初訪の『麺家かぐら』
カップ麺化したこともある、山形屈指の人気店なので、ずっと来たいと思っていました。
噂どおり、非常にオシャレな店内で、装飾だけでなく、テーブル席も半個室になっていたりと、ラーメン屋とは思えない、まるでダイニングバーのような造りです。
接客も非常に好感が持てる元気かつ丁寧なものですし、ラーメンを食べる前から、「確かにこれなら流行るな」と思わせるクオリティの高い店造りです。
本命のデートに使っても、全然恥ずかしくないお店です(笑)


食べたのは 「鶏ごぼうみそ麺」 (780円)。
イロモノ的な雰囲気ですが、実はこれがここの看板メニュー。
甘味のあるあっさりタイプの味噌スープに、平打ちの太ちぢれ麺を合わせていて、具にはゴボウ・豚スライス・モヤシを合わせた物、メンマ・水菜・白髪ネギ・糸唐辛子が乗せられています。

最初、麺だけで食べた時は「思ったより普通だなぁ」と思ったんですが、具として乗っているゴボウとモヤシを絡めて食べると、ゴボウの山の風味と、モヤシのシャキシャキ感で、まるで別物のように美味しさが増幅します。
麺の量も山形県らしく、結構多めに感じました。


こちらは「グレープフルーツシャーベット」(30円)。
シャーベットは、グレープフルーツの他に、イチゴと柚子から選べます。
このシャーベット、何と価格が30円!
味は一般的なシャーベットではありますが、外食でこの価格は完全にサービス価格といえるでしょう。
このシャーベットだけでなく、オレンジなどのジュースも70円と、子連れには非常に嬉しいプライス設定となっています。


店のコンセプトが、商品・店の造り・接客全てに生かされていて、非常に一体感を感じるお店です。
恐らくターゲットは若い女性・カップル・親子連れで、サラリーマンや体育会系男子は全くターゲット外でしょう(笑)
ここの経営者の方は、ホント商才に長けた方なのだと思います。
ここのセカンドブランドである『次元』にも、ぜひ行ってみたいです!




                   by hiro (2009年 255杯目)


  • そうそう。最初、ごぼうでてこなくって、どこがごぼう?全然普通って思ったんですけど(笑、
    あとから、ごぼうが顔出したら、全然違った感じになりました。
    麺も多いですね~。ボクはもっと少なくていいですけど(^^;
    -- りんたろお (2009-09-07 21:00:05)
  • 私も、トータルで言うと、ここのは良くできているなぁと思います。
    自分の好みかどうかは、また別ですが。

    どちらかといえば、次元のほうが好きです。最近、トマトっぽいのを出したりしています。
    お勧めです。 -- n'Guin (2009-09-07 22:51:54)
  • りんたろおさん、ゴボウを絡めて食べることによって完成する感じですよね。
    山形のラーメンは、一般的に量が多いですよね。
    嬉しいことですが、そのせいか、予定より連食1軒くらい減ってしまいます(笑)

    n'Guinさん、ここはホント素敵なお店ですよね♪
    飛び抜けて美味しいという感じではないのかもしれませんが、店舗の造り・接客など、店の雰囲気も含めると、東北でも屈指の満足度が得られるお店だと思います。
    『次元』もぜひ行ってみたいと思います!
    -- hiro (2009-09-08 08:58:25)
名前:
コメント: