|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈100

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/7/9

『本竈』で、夏季限定の 「醤油つけ麺 魚ダシ味」 (750円)を 「節だく・ハバネロver」 で。
裏メニューで「節だく」と「ハバネロ入り」が出たということで、どっちを食べようか迷いましたが、「両方すればいいじゃん!」ということに気付き注文しました(笑)


辛~い節だく。
まず節だくは厚削りの鯖節?がたっぷりを上に乗せられます。
去年までは節がスープの底に沈んでいる感じでしたが、今年は最後に乗せることにより、ビジュアル的にも美味しそうに見えます。
節を噛み締めながら食べると、ジワジワと魚の旨味が口に広がり、ノーマル品以上にパンチの効いた味わいに変化。

そしてハバネロ。
見た目には全然辛そうに見えません。
ビビリながらも一口スープをススルと、「ちょっと辛いけど余裕だね」という印象。
余裕をこいて食べ進めていくと、ジワジワと辛味が強くなっていき、中盤からは舌を刺すような辛さが口の中を突き抜けます・・・
ハバネロ、甘く見てました。。。
余裕なんて言ってすみませんデス m(_)m
ちなみにハバネロは沖縄産の物を使っているそうです。


醤油つけ麺にハバネロ、予想以上に辛かったですが、予想以上によかったです!
つけ汁がミルキーなので、ハバネロの刺激で非常にメリハリが出ますね。
私的には通常品より好みです。

それにしても、元々辛くない醤油つけ麺でもこの辛さなのだから、元々辛味のある「胡麻の辛いつけ麺」「本気の担担麺」なんかに合わせたら、辛味耐性の弱い自分だったらとんでもないことになりそうです(笑)




                        by hiro (2009年 191杯目)



名前:
コメント: