|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

味の新宮(小鶴店)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

味の新宮で盛合わせメンを。
注文を受けるとそこから麺を打ち始めます。そう、手打ちなのです。
この作業を見ているだけでも退屈しません。自分が食べるものが出来上がっていく様を見ているのは、なかなかに楽しいです。
そして出来上がると、そこから直に鍋の中へ…。客が自分を含めて二人しかいなかったこともあって、麺打ちの時間を入れてもさほど待たされた感じはしませんでした。

で、お味のほうはスープは濃い目の和風醤油味、チャーシューは薄切りの柔らかいバラ肉、あと上に乗っているパーコーも香ばしくて美味しいです。(ただ、早めに食べないとすぐにスープを吸って柔らかくなってしまいます。それにちと薄いです)メンマはちょっと甘すぎでイマイチでした。

そして麺。シコシコという言葉がぴったりです。太さ自体は中太程度ですが、とがしの極太麺を食べている時のような強いコシを感じます。

本竈が混んでいたため、回避した結果の入店でしたが結構良かったです。

(住所)宮城県仙台市宮城野区小鶴2丁目2-11


                                           by 灯

  • 「ビターン!ビターン!」とすごい音で麺を打つ姿を見ていると、確かにラーメンが出てくるまでの時間も気になりません。
    麺はここでしか食べられないような麺ですね。私もここは好きですね。
    夏季限定の冷やし中華だと、さらに麺の強烈なコシを楽しめます。 -- hiro (2006-01-05 02:33:42)
  • >夏季限定の冷やし中華
    いいですね。
    実は冷やし中華ってあんまり食べないのですが、コシのある麺は大好きなので、覚えていたら今年の夏に行って見たいです。 -- 灯 (2006-01-05 22:04:30)