|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

深川食堂3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/5/15

何年かぶりに『深川食堂』へ。
塩釜が誇る老舗有名店です。
5月31日をもって閉店されるということで、ここのラーメンは最後に絶対に食べておきたい!とやってきました。
ラーメン食べ歩きは始めてから十数年、今まで宮城の数多くのお店で食べてきましたが、その中で最もCPが高いと思っていたのがこのお店でした。

お昼の遅い時間でしたが、外に待ち客が出ている繁盛ぶり。
20分ほど待って店内へ。


スケジュール的にも、この日が最後の訪問になるということで、最近封印していた2杯喰いの解禁です(笑)
まずは 「ラーメン」 (400円)を。
スープは油のほとんど浮かない、非常にあっさりとした醤油スープ。
野菜ダシのようなじんわりとした甘味を感じる優しいスープです。
昔ながらの哀愁漂う味わいを感じさせつつ、昔ながらの中華そばでありがちな野暮ったさや物足りなさは皆無の美味しいスープです。


麺も美味しい!
麺は平打ち気味の自家製中細ちぢれ麺。
ふわっとした食感ですが、決して軟らかいという印象ではなく、この硬さだからこそ美味しいと思えるような食感です。
盛りもなかなかで、他店でいうと1.5玉分はあろうかという麺の量です。

具はモモチャーシューメンマ・刻みネギ。
モモチャーシューはパサツキがない仕上がりで美味しいです。


この味・量で400円は今の時代では考えられないサービス価格といえるでしょう。
これだけでなく、親父さんの人柄のよさも、長年繁盛店であれた理由だと思います。






                   by hiro (2009年 147杯目)


  • これで400円???
    CP高っ!
    んでもって旨そう(爆)
    閉店前に絶対に行きたいです!
    -- 和尚 (2009-05-17 19:10:26)
  • 和尚さん、ここは食べておいた方がいいですよ~。
    安くて量が多くて、そして旨い!
    閉店がホント惜しまれます・・・
    -- hiro (2009-05-17 20:00:52)
名前:
コメント: