|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈98

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/5/14

『本竈』で、期間限定の 「胡麻の辛いつけ麺」 (850円)を。
毎年この時期恒例の“2大つけ麺”の登場です。
いつもなら「醤油つけ麺」(→去年のやつ)からいただくのですが、今回は連れがそっちを頼んだので、あえて違う方を。。。


モチコキ麺。
麺はややちぢれの入った中太麺。
外側はモチモチ、内側はコキコキッとした食感が堪りません。


“ステーキチャーシュー入り”ピリ辛つけ汁。
つけ汁はレギュラー用の重層型あっさりスープをベースに、白ゴマの芝麻醤やラー油を浮かべた担担麺風のつけ汁。
ベースがあっさりでも、芝麻醤のコクで、思った以上にこってり感が強いですが、ほんのり効いた柚子の風味で、最後までサッパリといただけます。

つけ汁内には、ザクザクのメンマと、まるでカットステーキのような極太の短冊チャーシューが入っています。
チャーシューは、軟らか、かつ程よい弾力を残した絶妙な食感です。


去年同様、非常に美味しくいただけました。
ちなみに「醤油つけ麺」&「胡麻の辛いつけ麺」は、大体8月末くらいまで販売されるとのこと。
次回はもちろん「醤油つけ麺」をいただきます!




                        by hiro (2009年 145杯目)



  • いやぁ、これもうまそーです☆
    日曜日に、しょうゆつけめんとこちらいかせていただきます!(^^ -- りんたろお (2009-05-15 22:01:53)
  • 待ち焦がれていた つけ麺がいよいよ登場ですね!
    提供期間も長いので何度か食べる事になりそうです(^^ -- やお (2009-05-15 22:22:39)
  • りんたろおさん、限定が2種類出るのは、りんたろおさんにとっては都合いいですもんね~(笑)
    醤油つけ麺も連れに一口食べさせてもらいましたが、こちらも美味しかったです!
    早く一人前分をモリモリ食べたいです(爆)

    やおさん、このシーズンの楽しみがやってきました!
    いつもならつけ麺2種を2杯喰いするんですが、提供期間が長いということもあり、あえて楽しみを1回で終わらさずに分散させました(笑笑)
    -- hiro (2009-05-16 09:57:06)
  • 先日、とがしさんを再訪し、汁なし麺を丼6時に位置から順に食してhiroさんのおっしゃっていた事が良く理解できました。
    それならば、と今度は本竈さんで醤油つけ麺を頂いてみました。こちらもおいしかったです。噛みしめた時の麺の食感が両店で全く違うのにも驚きました。hiroさんの表現される「コキコキ」感や「もちもち」感はどのように麺を打てば演出できるのか興味が尽きません。奥が深いのですね。小生は今度は「ぴろぴろ」麺を食してみたいです。
    (小生の生まれはhiroさんのご賢察のとおりです。恐縮です) -- 生碼麺 (2009-05-17 02:58:32)
  • 生碼麺さん、マイドです♪
    とがしの汁なし麺は、その食べ方が最も味の変化を楽しめて美味しいんですよね。
    本竈のつけ麺の麺は、実家が製麺所という利を生かした、ここでしか食べれない食感で、私も大好きです!
    >小生の生まれはhiroさんのご賢察のとおりです
    やっぱあそこの出身でしたか(爆)
    本場のサンマーメン、ぜひとも食べてみたいです!
    -- hiro (2009-05-17 18:23:45)
  • 私の寝坊のせいで、日曜日お邪魔できませんでした(^^;
    次週こそと意気込んでおります。
    限定2種類あるととっても嬉しいんですよね~
    いつも限定メニューどっちが食べるか大変なんですよ(^^
    今回は私が辛いつけ麺にしてみたいと思っております!
    モチコキ麺とステーキチャーシュー早く食べたいです。 -- ビアシン (2009-05-18 15:36:50)
  • >私の寝坊のせいで、日曜日お邪魔できませんでした(^^;
    ありゃ、それはきっと怒られたことでしょう(笑)
    醤油つけ麺は豚骨ベース、胡麻の辛いつけ麺はレギュラーのあっさりスープベースで、全く違う2つの味を楽しめるので、仲良く分け合って2種類ともご堪能ください!(爆)
    -- hiro (2009-05-18 17:31:30)
名前:
コメント: