|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし116

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/4/17

『麺屋とがし』「カツオ節系こってりめら~麺」 (730円)を。
知人から「カツオ節系こってりめ」がリニューアルしたとの話を聞きつけやってきました。


とがしブラック。
元々鰹節を香ばしく仕上げた香味油でしたが、以前に比べ、更に香ばしく、色もより真っ黒くなりました。
この“新”節系、とがしマニア達からは「とがしブラック」と呼ばれているそう。
とがし一インパクトのあるメニューは、更に追従を許さないインパクトを手に入れました!


ちなみに「豚骨スープ速成機」が導入されてから、今回が初の汁ありレギュラーをいただきましたが、以前に比べ、粘度自体は以前とほぼ同じに感じますが、動物系の強さが増したという印象。
特に豚骨の骨粉は、かなり増えた感じです。
動物系スープ自体は以前よりレベルアップした感じですが、その分、魚が少々後ろに引っ込んだ感じも受けるので、この豚骨スープに魚がもっと表に出てくれば、完全敵なしの素晴らしい豚骨魚介スープになりそう。
とがしなら、きっとその高みへ上り詰めてくれることでしょう。





                  by hiro (2009年 121杯目)



  • ホント見た目が真っ黒ですね!
    私は提供が始まった当初しか食べた事無かったので是非食べてみたいです。
    -- やお (2009-04-18 23:43:17)
  • やおさん、更にインパクト大になりましたよ~。
    次回はつけ麺でも食べてみたいです!
    -- hiro (2009-04-19 00:19:38)
  • とがしブラック…かっこいい!!(笑)
    僕も前回ラーメンのこってりを食べたときに速成機が使われていました。
    限定として以前食べたときは豚骨スープの向上された部分しか気にならなかったのですが、レギュラーとして出されたときになぜか違和感を感じてしまいました。
    あれはやはりバランスの問題なんですかねー?
    あんなじゃじゃ豚の手綱を締めれる魚なんて想像もつきません…。
    しかしhiroさんのおっしゃる通り、とがしならやってくれるはずです!!(笑) -- 花男 (2009-04-19 00:45:09)
  • 花男さん、まいどです!
    機械導入と一緒に、バーナーも新しくなったので、その辺の火力はまだ試行錯誤中とのことで、それが安定すれば、きっと一段とレベルアップすることでしょう。
    魚についても、色々と考えているみたいですよ~。
    -- hiro (2009-04-19 20:05:41)
  • どなたかのブログでもリニューアルしたとの情報聞いてたんですけど、
    写真みるとリニューアルしたのが明らかにわかる色ですね(^^
    ボクはつけめん派なんでつけめんのほういくことになると思いますが
    楽しみです。また、かつお節系こってりめつけめんだけ回数突出しそうです(^^ -- りんたろお (2009-04-19 20:25:47)
  • りんたろおさん、新節系、今まで以上にガツン!と来ますよ~。
    香味油の支配力の強いつけ麺の方が、より今までとの違いが分かると思います。
    私も次回はつけ麺で!
    -- hiro (2009-04-20 10:22:43)
  • とがしブラック、また凄い名前ですね~
    私はどちらかと言うと、海老油のほうが好きなのですが
    これは食べてみねばならない!ですよ。
    いやいや進化し続けますね~ -- ビアシン (2009-04-20 17:53:49)
  • >とがしブラック
    ビアシンさん、名前だけでインパクトが伝わってきますよね!
    私も海老油のこってりめが一番好きなのですが、今後はこの節系の注文も増えそうな予感です♪
    人気におごれることなく、進化を止めない姿勢に感服です m(_)m
    -- hiro (2009-04-20 18:07:05)
  • これも是非食べてみたいですが、その前に鰹のつけ麺を食べてみ食べてみたいと思います。
    -- 和尚 (2009-04-22 07:05:23)
  • 和尚さん、マイドです♪
    この「節系」と「辛め」は“とがし慣れ”した人用なので、やっぱ最初は「あっさりめ」と「こってりめ」がおススメですよ~。
    あっさりでも十二分に濃い~ですしね(爆)
    -- hiro (2009-04-22 08:36:19)
名前:
コメント: