|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

坂内食堂(本店)〔福島県〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/4/8

本日は職場の人達と、喜多方ラーメンを食べに、本場喜多方市へやってきました!
実は私hiroも意外や意外?喜多方でラーメン食べるのは今回が初めて。
朝ラー目当てに、眠い目を擦りながら早朝に出発です(笑)


喜多方にある数多くのラーメン屋の中から行ったお店はココ↓
そう!ラーメン処の喜多方でも、1,2を争う有名店である『坂内食堂』へやってきました!
平日の朝8時という時間ながらも、店内の半分以上の席が埋まっている人気ぶりです。
店内のお客さんは、私達以外は皆地元の常連さんという感じで、喜多方の朝ラー文化はしっかり根付いているのだなぁと実感。


食べたのはもちろんコレ↓
坂内食堂といえば、何といってもこの 「肉そば」 (900円)でしょう。
一面に敷き詰められたバラチャーシューで、麺が全くもって見えません(笑)

スープは豚骨ベースにコトコトと煮込んだ、非常にあっさりとした醤油スープ。
まるで塩味とも言えるような、非常に透明感のある黄金色のスープは、見た目からして食欲がそそります。
見た目のとおり、透き通るような優しい味わいですが、旨味は十分です。

主役とも呼べる十数枚並べられた大量のチャーシューは、非常にジューシー、かつ脂っぽさを感じさせない素晴らしい仕上がり。
四角い形が、いかにも喜多方らしいチャーシューだなぁと感じさせます。
基本的にチャーシューは1枚あれば十分なhiroなので、最初はチャーシュー多すぎて途中で飽きるんじゃないかな?と思っていましたが、全くそんなことはなく、最後の1枚まで美味しくいただけました♪


フルフル麺も旨い!
麺はいかにも喜多方らしいという多加水の太ちぢれ麺。
ややソフトでフルフルとした食感の麺は、スープとの相性バツグンです!


以前、「ラーメン国技場」で食べた物より、はるかに美味しく感じました。
スープは麺とだけでなく、チャーシューとの相性まで計算されているという印象のラーメンでした。
長年この味でやってきているということなら、人気があるのも納得ですね。
今回はこの1軒で終了でしたが、次回はぜひ喜多方の色々なお店を回ってみたいです!






                   by hiro (2009年 116杯目)


  • 私も喜多方では坂内が一番好きですね~。何回か遠征してますが必ず食べています。
    上手く食べ方を考えないと最後にチャーシューと格闘するハメになりますよね(笑) -- やお (2009-04-08 23:25:31)
  • やおさん、正直今まで喜多方ラーメンには、あまりいいイメージなかったのですが、今回食べてその考えが完全に覆されました!
    『はせ川』『食堂なまえ』『喜一』辺りにもぜひ行ってみたいです!!
    >上手く食べ方を考えないと最後にチャーシューと格闘するハメになりますよね(笑)
    その辺はしっかり計算して、チャーシュー2枚食べたら麺ひとススリというペースで食べたら丁度ピッタリでした(笑)
    -- hiro (2009-04-08 23:38:29)
名前:
コメント: