|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく264

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/3/2

明日3月3日は『くろく』の3周年記念イベント。
毎年、青田店主の師である渡辺樹庵氏が来仙して、「出張お遊びラーメン」を作るのですが、今回は何と前夜祭もあり!
前夜祭は樹庵氏のレシピを、同じく樹庵氏の弟子である『いつ樹』@東京羽村の伊藤氏が調理を担当し、2種の限定ラーメンを出すとのことで、これは食べ逃せないとやってきました!

混むことを予想し、早めに来店しましたが、味がなかなか決まらなかったそうで、結局40分遅れの開店でした、、、
マジさぶかったっす。。。


もちろん2種とも食べます!
2杯喰いの2杯目は 「TOKYO背脂味噌ラーメン」 (850円)を。
今年の首都圏のラーメンは、味噌ラーメンの復権が著しいそうですが、その東京で現在流行りつつあるタイプの味噌ラーメンに仕上げたそうです。
作り方は中華鍋で野菜を炒め、そこでスープも仕上げる札幌系。
麺上げは一杯目同様、伊藤氏が行っていますが、鍋振り作業は、『麺や 優』@東京立川の磯部氏が行なっていました。
ホントそうそうたるメンバーによる、贅沢なラーメンです。

スープはトロリとした濃厚な味噌スープ。
非常に甘口で、色からしても信州味噌辺りをベースに使っているのかな?という印象。
背脂は表面に浮かべるというより、一緒に炒めてスープと馴染ませてあり、それにより更にトロリとした粘度を生んでいます。

麺は太ストレート麺。
レギュラーの黒の麺に似た感じのガシッと歯ごたえの太麺です。

具はバラチャーシュー2枚・炒め野菜(モヤシ・人参など)・ニラ・辛味噌。
ニラは生の物が使われていて、その強い香りがパンチを助長してくれています。
辛味噌は、甘口のスープをビシッと締めてくれます。


タイプとしては、以前東京で食べた『くるり』@市ヶ谷に近い雰囲気の味噌ラーメンでしょうか。
ラードではなく、背脂を多く使っていることで、濃厚ながらもクドさがなく、予想以上に飲みやすいスープなので、連食ながらも、いつの間にかスープを完飲しそうになってました。
こういう味噌ラーメン、仙台にも出てきてほしいですね~。
美味しい味噌を出すであろう新店の情報もあるので、今年は仙台でも味噌がハヤリそうな予感です。


今日の前夜祭は存分に楽しめました!
明日のコレ↓も楽しみです!!




                   by hiro (2009年 78杯目)



名前:
コメント: