|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく262

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/2/20

『くろく』で、気まぐれ限定の 「こてこて背脂煮干そば」 (850円)を。
くろくで背脂入りの煮干ラーメンは度々登場していますが、毎回違うコンセプトの物が出せれていて、今回のテーマを上げるとすれば「2種の油」「スープとの融合」といったところでしょうか。

パッと見、よくある燕三条系の背脂煮干ラーメンなのですが、表面の油は粒状背脂だけでなく、ベーススープに浮かんだ油(鶏油?)も加えているのがこのラーメンの特徴。
ベーススープの油も加えることにより、粒状背脂が「表面に浮かした具」ではなく、スープと馴染んで一体感のある味わいになるそう。
確かに背脂が「上に乗っている」という感じではなく、通常の香味油のように、「スープの一部」として味わえる感じです。

煮干はpure系やインパクト系のどちらも合いますが、今回は完全にインパクト系。
苦味を感じるほどに、煮干の香ばしさがガツン!と口の中を襲います。
香りも凄く、麺を持ち上げる度に、“油の壁”の隙間から、煮干のいい香りがブワッと広がります。

麺は「白」用の手もみの極太ピロピロ麺。
具は鉄板焼きバラチャーシュー・メンマ・割いた煮干・ミンチチャーシュー・長ネギの青い部分のみじん切り・煮干粉。
煮干粉は上から降りかけているだけでなく、スープを注ぐ前にも丼に投入されています。


こういうガツン煮干もニボラーとしては堪りません(笑)




                   by hiro (2009年 69杯目)


  • コレ、ちょっと久しぶりのガッッッツンでしたネ。
    私は今日食べたんですが、昨夜飲み後に来なくてよかったです。
    もし来てたら多分途中で降参してたと思います(笑)。
    店主にも、もし酔っ払いで来たら止めるつもりだったって言われました(笑笑)。
    -- ちょび (2009-02-21 23:58:07)
  • ちょびさん、マイドぉ~っす。
    久々のコテコテガッツンでしたね。
    私も食べている最中、「ちょびさん飲んだ後にコレ大丈夫かな?」と心配しながら食べておりました(笑)
    私もお酒ではないですが、同じくガッツン系の『とがし』からの連食だったので、スープまではちょっと厳しかったですが、それ以外はしっかり完食でした~。
    -- hiro (2009-02-22 08:45:03)
  • このピロピロ麺、かなりそそられますね(^^
    てか、hiroさんの文章がいいんですよね!
    にぼにぼのよさすんごい伝わりますよ。
    食べれる確率高いorzさん行きたくなってました(^^ -- りんたろお (2009-02-22 22:01:17)
  • りんたろおさん、マイドです。
    お褒めの言葉、ありがとうございます m(_)m
    調子にのってしまいそうです(笑)
    orzのニボつけは大好きなので、また食べたいです~。
    -- hiro (2009-02-22 22:13:40)
  • 煮干職人の技が出ましたね!
    煮干の身がつまみになるんですよね!(笑)
    -- 和尚 (2009-02-23 09:43:09)
  • 和尚さん、ニボシストとして、メニュー名に煮干が付くと、いても立ってもいられなくなります(笑)
    煮干はpureでもガツンでも合うのがいいですね♪
    -- hiro (2009-02-23 17:16:16)
名前:
コメント: