|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく259

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/2/6

『くろく』で、気まぐれ限定の 「琥珀のあっさり煮干ら~麺」 (850円)を。
この品、まずスープの作り方に特徴があります。
一般的なラーメンスープの作り方は、動物系を炊いたスープに乾物類を加えるというというパターンが多いですが、こちらのスープはその手順を逆にし(煮干主体の乾物スープに鶏を投入)、7時間コトコト煮込んだスープとのこと。

店主の技術とその手法によりできたスープは、琥珀色でありながらも、とんでもないくらい透明度が高い!
写真だとなかなかその凄さが伝わりづらいのですが、この透明度はかなり衝撃的です。

味は煮干の香ばしさがありながらも、甘口で優しく仕上げたジンワリ系。
レトロな雰囲気を感じつつ、濁りのないpureな味わいです。


麺はややソフトに茹で上げた中細ストレート麺。
例によって?麺を持ち上げた際に煮干の香りが引き立つよう、あえてボール状にダマにしてあります。
このソフトな感じが、pureなスープとマッチしています。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・細切りメンマ・割いた煮干・小口ネギ・春雨。


琥珀スープ以上の衝撃!!
最初は「なんで春雨が入っているんだろう?」と思いましたが、食べてすぐにその存在の意味を感じ取れました。
春雨をススルと、麺をススッた時と全く違う味がするのです!
麺だと「ジンワリ煮干味」が感じられるのですが、春雨だと「ガッツリ煮干味」が感じられます。
恐らく春雨だと麺以上にスープを吸うのと、表面張った煮干油をたっぷり絡め取れていることによると推測。
具に春雨と書きましたが、これは「第2の麺」として捉えるべきでしょう。
スープや調味料ではなく、麺によって「ダブルテイスト」を引き起こすというのは、澄んだ琥珀スープ以上の衝撃でした。


「ニボシスト」としても「くろくマニア」としても、大満足な一杯でした!!




                   by hiro (2009年 49杯目)


  • これも逃してしまった。いつも驚き満点で楽しませてくれますね。 -- かがやき (2009-02-13 13:56:35)
  • かがやきさん、今年食べたくろくの限定の中では、これが一番の衝撃でした!
    この乾物スープに動物系投入の技法が成功したことにより、店主の引き出しが増えたようなので、今後もこのようなスープが度々登場するのに期待です。
    -- hiro (2009-02-13 16:43:33)
名前:
コメント: