|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

初代けいすけ〔品川店〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/1/21

この日は2泊3日で千葉県の舞浜駅から程近い「ネズミの楽園」へ行ったついでに、首都圏ラーメン食べ歩きをしてきました(笑)

3日目はお昼から新幹線の時間まで、時間が許す限り色んな物を食べ歩くコース!!

「品達ラーメン麺達七人衆」2軒目は『初代けいすけ 品川店』へ。
ここもずっと行ってみたいと思っていましたが、本店は場所柄的になかなか行けずにいましたが、山の手線界隈のこちらのテーマパークに入店したということで来てみました。


食べたのは 「黒みそラーメン」 (780円)。
黒味噌を使った“黒っぽい”味噌ラーメンや、マー油を浮かべた表面だけ黒い味噌ラーメンはよく見かけますが、こちらはスープ全体がホント真っ黒!
黒い秘密は、味噌に竹炭を混ぜて熟成させているとのこと。
竹炭はビジュアル面だけでなく、塩のカドを無くして柔らかな口当たりにする効果もあるそう。
油も控えめでまろやかなスープですが、隠し味的に使われた花椒の刺激で、しっかりと折り目が付けられ、メリハリのある味わいです。

麺は平打ちの中太ちぢれ麺。
ドロッとしたコクのあるスープをたっぷりと持ち上げてくれます。

具は肩ロースチャーシュー・炒め玉葱・斜め切りネギ・糸唐辛子。
とろけるような軟らかさのチャーシューは、モンゴル岩塩を使用した塩チャーシューとのこと。

真っ赤な丼と、真っ黒いスープのコントラストも美しく食欲がそそります。


けいすけ系で食べると、どこも「東京らしいな~」と思いますね。
味のレベルが高いのはもちろんですが、何よりも味以外の部分の独創性がホント高い!
『くろく』を抜かせば、仙台のお店は味以外の部分(面白さ)までは、あまり手を入れていないという印象です。
遠征の度に書いているような気がしますが、その辺が首都圏と仙台の最も差がある部分かなと感じています。






                   by hiro (2009年 34杯目)




  • けいすけの手の凝んだ品は食べても楽しく見た目も○。美味しそうです。 -- かがやき (2009-01-28 07:14:25)
  • けいすけ系は、味・技法・ビジュアルと、全てでどこにもない物を作ろうという意思が伝わってきますよね!
    東京のラーメンシーンには、欠かせない存在だと思います。
    -- hiro (2009-01-28 08:53:40)
  • 2年以上前に黒みそラーメン食べました。
    印象はどろっとしてるってのが一番でしたね。
    でも、おいしくてスープまで全部飲みほしましたよ。
    あとは、覚えてませんが(^^; -- りんたろお (2009-01-28 20:49:44)
  • りんたろおさん、スープはかなりドロッとしてましたね~。
    それでいて、クドさがないのが流石です。
    花椒の清涼感が、非常に効果的でした。
    しいて言えば、麺にもっと個性があれば尚いいかも?
    -- hiro (2009-01-28 23:06:48)
名前:
コメント: