|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく257

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/1/16

『くろく』で、気まぐれ限定の 「Wスープの濃厚醤油ラーメン」 (850円)を。
今回は「鯖節+豚骨」と「鰹節+野菜」のWスープのラーメン。
これだけ聞くと、一見「別に珍しくないじゃん!」と思ってしまいそうですが、流石はくろくで、そんな普通には仕上げてはこず、今回のラーメンも奥が深い仕上がりです。。。

あくまでも「こってり」ではなく、「濃厚」というスープは、ドロッとした粘度の高い豚骨魚介スープ。
非常に濃厚なスープなのですが、不思議とクドさは皆無で、いくらでも飲めてしまうようなスープです。
この時点で、このドロッとした粘度は、油の乳化によるものではないだろうと推測 ( ̄∀ ̄*)ニヤリッ

店主に聞いたところ、この粘度は動物系によるものではなく、野菜をペースト状にした物を加えて出しているとのこと。
作るところを見ていると、甘露レードル一杯分くらい、ドロリとした野菜ペーストを加えていました。

麺は加水低めの中細ストレート麺。
最近は、豚骨魚介には太麺と合わせるお店が多いですが、くろくでは、濃厚豚骨系には細麺を組み合わせる場合がほとんどです。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・デカメンマ・ザク切り白ネギ・小口ネギ・節粉。


特濃系の豚骨魚介のような粘度を誇り、かつ重たさのないスープは、かなり衝撃的でした。
豚骨の濃度は全然高くないそうなので、濃度を上げるのに、こういう方法もあるんだなぁと感心です、、、
これは私だけだと思いますが、くろくで食べると店主の圧倒的な想像力に感動のする反面、自分の発想力はホントちっぽけだなぁと少々自暴自棄になります(笑笑)




                   by hiro (2009年 25杯目)



  • マイドッす。
    今日、いただいてきました。
    店主の腕前に感服すると同時に、私のお口と小腹の正直さに笑笑でした。
    何って、私のお口と小腹はトンコツスープ全然得意じゃないんですが、なんとなくZUZU~なんとなくZUZU~なんとなくZUZU~、結局、スープ全部飲んでしまってたから。
    店主とお話しできなかったんですが、hiroさん情報を見て、納得納得。ウンウン。
    私にとっては、本能を再確認した一杯でした(笑)。
    -- ちょび (2009-01-17 17:57:56)
  • ちょびさん、まいど~です。。
    かなり濃厚なのに飲みやすいという不思議で美味しいスープでしたね~。
    私も年齢を重ねるにつれクドイのが苦手になってきたのですが、これはもちろんスープまで完飲でした!
    -- hiro (2009-01-17 20:14:03)
名前:
コメント: