|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

お取り寄せ3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/1/2

この日は正月でどこも混んでいるだろうと思い、hiroの兄貴が買ったというお取り寄せつけ麺をあやかりに実家に行ってきました(笑)
その商品は、現在楽天市場で発売された「つけ博2008 冬の陣」という商品で、この前もいただきましたが、今回はその残りをいただいてきました。


まずは『バッソドリルマン』「つけそば」 を。
『バッソドリルマン』より『中華そば ゼットン』と言った方が知っている方も多いかもしれません。
ゼットンが店名リニューアルしたそうです。

麺は中太か太くらいのストレート麺。
盛り付け方がヘタなので分かりづらいですが、麺はかなりピンと真っ直ぐなストレートです。
まるでパスタのような透明感のある麺で、歯ごたえも指定茹で時間よりも長く茹でましたが、それでもかなり硬めのガシッとした食感です。

つけ汁は大勝軒系と濃厚豚骨魚介系のちょうど中間といった感じの適度な濃度の豚骨魚介系。
麺がストレートですし、スープをかなり弾く感じなので、少々つけ汁が薄く感じましたが、今ハヤリの濃厚豚骨魚介とは一線を画していて、これはこれで美味しいです。

具は極太の短冊チャーシューと、こちらも極太のメンマ。
ネギは自前です。。。
メンマはコリコリではなく、噛むとジュワッと汁が染み出る軟らかな仕上がりです。



こちらは『ぽっぽっ屋』「つけらーめん」 を。
麺はオーション100%という極太麺。
いかにもオーションというゴツゴツ感あふれるインパクトのある麺です。

つけ汁はいかにも二郎系といった甘じょっぱくて醤油味の濃いつけ汁。
見た目以上に、辛味がかなり強く効かせてあります。
粒状背脂を浮かせてあるのも、二郎系の特徴といえるでしょう。

具はサイコロチャーシューと自前の刻みネギ。
食べた後、思い出しましたが、ぽっぽっ屋といえば、刻みネギじゃなくて、刻み玉葱でした・・・

豚骨魚介や鶏白湯魚介が完全主流のつけ麺の中、こういう魚介を感じさせないつけ麺は、逆に新鮮味を感じますね。



                                by hiro




  • 気軽に有名店が食べられるので、僕も重宝してます。大喜向かいのぽっぽやも正月やっていました。玉葱マシで食べたいです。ドリルマンは未食ですけど、濃厚中華そばにひかれます。通販のバリエーションが増えれば、本当にうれしいですねー。渋谷のはやしとか気軽に食べたいです。今日は、弥彦行きました。越後味噌が、かなり濃厚で、麺に絡むし、付属の割りスープを入れると、サッパリとして、とってもおいしかったです。宮城で評判の麺組や恵比寿の味噌も食べてみたいです。 -- かがやき (2009-01-03 15:43:36)
  • かがやきさん、マイドです。
    お取り寄せは、つけ麺はレベルが高いのが増えたので、今後はラーメンにもこの流れが展開してほしいですね~。
    ドリルマンに変わってから出たという濃厚中華そばは私も気になっていました。
    『弥彦』はホント行ってみたいお店ですが、土日だけなのがネックなんですよね・・・
    『麺組』の味噌は、『純連』チックなラードたっぷり仕様ですが、それでいてダシの味がしっかりと感じられます。
    『恵比寿』の味噌は、とにかく麺が美味しいです!この麺は首都圏の人気店と比べても、全く遜色ないです。
    -- hiro (2009-01-03 21:32:15)
名前:
コメント: