|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋とがし100

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/29

『麺屋とがし』「らー麺 辛め」 (700円)を。
10月末より平打ちタイプに変更された「らー麺」の麺ですが、日に日に茹で加減が硬めになってきていましたが、更に硬茹でになったとの情報を得てやってきました。


ガッシリ歯ごたえ!
麺変更後、最初は昔の麺(今のつけ麺と同じ麺)と同じ茹で時間からスタートして、それからドンドンと時間を短くしていっていましたが、今回の麺は確かに今までで一番硬めの食感です。
麺変更当初に比べ、6割くらいの茹で時間にしたそう。
とがしのらー麺の麺は、どっちかというと軟めの食感でしたが、この茹で加減で初めて“硬茹で”呼べるような食感になりました。

とがしのスープには、軟めでもそれはそれで悪くはなかったのですが(軟いとスープとの絡みがよい)、この硬茹で平打ち麺を食べたことにより、「やっぱり強いスープには強い麺が合う」との結論に至りました(笑)
平打ち麺変更後は賛否両論あったようですが、この食感だったら、恐らく“否”の方の意見はほとんどなくなると思います。
それだけ、強いスープに負けない個性が、この“硬麺”には感じさせられました。

「平打ち麺微妙だなぁ~」と思っていた人は、ぜひ現在の茹で加減の麺を食べてもらいたいですね。
私もそうでしたが、きっと「平打ち麺に変更して正解!」と思える人が増えることでしょう。

個人的にはこの麺で十分満足なのですが、店主としてはまだ納得できていないところもあるようで、今後は麺変更も視野に入れながら、更なる向上を目指すとのことで、今後も目が離せません!!





                  by hiro (2008年 480杯目)




名前:
コメント: