|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく248

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/29

『くろく』で、気まぐれ限定の 「くろくさんちのみそばたこーん」 (850円)を。
関西方面から10時間以上バスに揺られて帰ってきて、かなり身体がギシギシいっていましたが、非常に気になるネーミングだったので、その足での強行来店です(笑)

「味噌バターコーンラーメン」といえば、自分的には真っ先に『どさん子(娘)』が真っ先に頭に思い浮かびます。
そのビジュアルは、恐らく北海道以外の人間は、今でも「これが札幌味噌ラーメン」と思っている人も多いであろう、誰しもが想像できる、ある意味“完成された”ビジュアルです。

でも、今回は“あの”「くろくさんち」が作った物!
上記のような「どさん子的」な物を想像して頼んだ人にはぶったまげるような、スッゴイ物が出てきました。。。

スープは真っ黄色でドロッとした“コーンポタージュ”。
コーンの甘味の中に、若干味噌の風味を感じます。
コーンの皮やツブツブ感が残っていて、手作り感がある自然な味わいです。


たっぷりと絡め取ってくれます。
麺はレギュラー極太麺を平べったく延ばしたピロピロ麺。
不規則なちぢれにより、スープの持ち上げが非常によく、たっぷりとスープを絡め取ってくれます。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・ハッシュポテト・細切りメンマ・バター・小口ネギ・味噌ダレ。
ハッシュポテトは星型にしてあり、ビジュアル的にも遊び心があっていいです。


一般的な「味噌バターコーン」は、あくまでも味噌が主役で、バターやコーンは引き立て役ですが、これはコーンを主役に持ってきて、味噌を引き立て役に持ってきた、逆転の発想の面白い品です。
味噌ラーメンだと思って頼んだ人は、かなりビックリしたでしょうね(笑)
“くろく慣れ”した自分でも、ぶったまげるようなラーメンでした!




                   by hiro (2008年 479杯目)


名前:
コメント: