|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新福菜館(本店)〔京都府〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/28

大阪でとあるラーメン関係のイベントに参加した後、帰りの高速バスまでのわずかな時間を利用して、関西地区で食べ歩きしてきました。

関西地区最後の3杯目は、『新福菜館 本店』へ。
京都が誇る老舗中の老舗です。
以前新横浜の「ラーメン博物館」にも入っていたこともある、京都を代表する老舗です。
先程食べた『第一旭 本店』とお隣同士です。


食べたのは 「中華そば 小」 (550円)。
薄切りチャーシューや、たっぷり九条ネギなど、先程の第一旭と同じく、典型的な京都ラーメンのスタイルですが、ここのお店の特徴は何といっても真っ黒いスープでしょう。
これ以上とないくらい、真っ黒なスープは、見た目のとおり塩分がかなり強烈!
しかも、醤油の焦げた感じの苦味も強く、非常にインパクト大の味わいです。
某店店主が、ここは最後に食べた方がいいと言っていたのがよく分かります(笑)

麺も京都らしい中細ストレート麺ですが、第一旭よりしっかりとした歯ごたえで、私的にはこちらの麺の方が好きです。
チャーシューもかなり醤油が染みていて、かな~りしょっぱいです。。。
ちなみに炒飯と一緒に食べている人が多かったですが、炒飯の色も真っ黒でした(爆)


良くも悪くも、超ド級のインパクトがあるラーメンです!
お店は常に行列を作っていたので、今の時代でもこの味の“信者”はかなり多いみたいです。
食べれば食べるほどハマってしまうような、ディープなラーメンでした。


今回の遠征はこれで終了。
この後、京都から仙台まで10時間以上かけて、高速バスで帰りましたとさ(笑笑)






                   by hiro (2008年 478杯目)


  • 関西遠征お疲れさまです。
    ここのチャーハンも色の割にはなかなか美味しかったですよ~。 -- maku (2008-12-02 21:44:46)
  • makuさん、マイドです!
    食べている人を見ると、ラーメン&炒飯か、炒飯単品で頼んでいる人ばかりだったので、ホント炒飯の人気が高いんですね~。
    腹的には全然余裕だったので、炒飯も食べてみればよかったです(涙)
    -- hiro (2008-12-03 08:46:23)
名前:
コメント: