|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋武蔵(本店)〔東京都〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/27

翌日に大阪に行く予定があったので、そのついでに前日に首都圏食べ歩きをしてきました!
首都圏食べ歩きは、ナンダカンダ言って、これで3年連続4度目の決行です。

首都圏4杯目は『麺屋武蔵 新宿本店』へ。
首都圏のラーメンは今回の遠征を含め、50店近く食べたことになりますが、何故か現在のラーメンブームの火付け役とも言ってもいい、このお店が未訪でした。
「マルチコンセプト」の走りでもある麺屋武蔵なので、今後系列店に食べに行く意味でも、まずは“総本山”を食べに行かねば!と思いやってきました。


食べたのは 「ら~麺 あっさり」 (750円)。
1998年オープン当時では非常に珍しかった秋刀魚の煮干しを使ったスープは、何となく蕎麦つゆの雰囲気を感じる和のスープ。
オープン当初は、魚は秋刀魚煮干しだけだったそうですが、現在は鰹節なども加え、日々進化させているそう。
無化調とのことですが、コクはしっかりとしていて、魚系だけでなく、昆布ダシと思われるじんわりとした旨味が口の中に広がります。
柚子をほのかに効かせ、元々あっさりながらも、よりみずみずしいスープになっています。
ちょいと麺の量に対し、スープが少ないかな~という気もします(笑)


太麺ウマ~。
麺は平打ちの太麺。
表面はやや軟めのモッチリとした食感ですが、中はしっかりと芯が残っている絶妙な茹で加減です。
麺のエッジがやや“ピロピロ”としていて、その不揃いなピロピロ感が麺をススル際に、喉越しのいいアクセントになっています。
この麺はかなり好きですね~。

具は肩ロースチャーシュー・メンマ・海苔・刻みネギ。
チャーシューは非常に大判で、厚みもあり食べ応え十分です。


正直なところ「今の時代に食べたら、大したことないんだろうなぁ」と思っていましたが、いざ食べてみると、予想以上に美味しかったです。
濃厚なラーメンが主流の現在だからこそ、このラーメンの美味しさというか、凄さが感じ取れた気がします。

今度また東京に来る機会があったら、他の系列店もぜひ食べてみたいです。
(特に日本一濃厚とうたう『麺屋武蔵 江戸きん』の「極豚ら~麺」を食べてみたい!)






                   by hiro (2008年 473杯目)


  • うわ〜懐かしい(笑)
    ここは自分に東京のラーメンのレベルの高さを教えてくれたお店です(^O^)/
    味もさることながら 店員さんの掛け声が特徴的ですよね〜。 -- ラーメンまん (2008-11-30 20:14:11)
  • ラーメンまんさん、まいどデス!
    確かに店員さんの掛け声が凄かったですね~。
    江戸っ子っというか、皆が凄く威勢がよかったです。
    湯きりも“燕返し”の後の3回目の湯きりの時に、店員さん全員で「ヨイショ~!」っていうのも、ちょっとビビリました(笑)
    -- hiro (2008-11-30 20:42:34)
名前:
コメント: