|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく245

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/14

『くろく』で、気まぐれ限定の 「しらすとホウボウの無調味料らーめん」 (850円)を。
今回は何と、醤油・塩・味噌だけでなく、酒を味醂までも使わない「無調味料」ラーメンとのこと!

スープはあっさり塩ラーメンといわんばかりの、非常に澄んだビジュアルで繊細な味わい。
調味料を使っていないということで、ほとんど塩分は感じませんが、鶏・昆布・鯖節などで取ったというスープは、旨味たっぷりで物足りなさは感じません。
口に含むと、最初は昆布・鯖の旨味を感じ、後から食べたことのないような不思議な味わいが広がります。それがホウボウの旨味かな?

東京の『せたが屋』系列の『ラーメンゼロ』というお店も無調味料ラーメンを出しているそうですが、そちらはたっぷりのアサリからにじみ出る天然の塩分をスープに煮出していますが、こちらはスープそのものには塩分を煮出さず、たっぷりのしらすを絡めて食べることにより、しらすが持つ塩分で、程よい塩っけを与える手法。
この食べ方はかなり斬新といえるでしょう。

麺はヒジョ~に少なめで100g。(一般的なラーメンは150gくらい)
バランスを考えると、この量が限界とのこと。
確かに塩分で折り目がないスープは、非常に淡白な味わいなので、量が多いと飽きそうなので、美味しく食べれるのはこの量がベストでしょう。
この日4杯目だった自分にとってもベストな量でした(笑)


具は別盛り。
具は別皿での提供。
味玉・バラチャーシュー・みじん切りセロリ・細切りメンマです。
くろくではたまに繊細なスープの時に、スープを壊さないよう具の別皿提供を行いますが、その時は後半に具をラーメン側に乗せていただいていますが、今回のラーメンは、特にガラスのように透明感があり、簡単に壊れてしまいそうなスープなので、完全に“おつまみ”としていただくのが正解でしょう。
唯一セロリは、独特の風味と清涼感が、スープを壊さず、面白い変化をもたらしてくれます。


やっぱりくろくの限定は、こういう面白いのが特に好きですね。(面白い物好きw)
最近仕事の関係上、毎週限定を食べに来れないのが口惜しいです・・・




                   by hiro (2008年 460杯目)

  • >完全に“おつまみ”としていただくのが正解でしょう。
    同感同感。
    私だと、瓶ビア小3本はイケます(爆)。
    チャーシューセロリ乗せで1本
    メンマで1本
    味玉で1本
    ただ、3本まで行くと調子に乗っちゃって止まんないんすよ、毎度(笑)。 -- 名無しさん (2008-11-15 21:37:52)
  • ↑↑↑↑↑
    名前書き忘れました;;
    書かなくてもお分かりでしょうが、私です。
    -- ちょび (2008-11-15 21:40:34)
  • ちょびさん、マイドモドモ。。。
    今回は限定は“おつまみセット付き”だっただけに、さぞビールも進んだことでしょう(笑)
    昔セロリ嫌いだったんですが、くろくでちょこちょこ食べていたら、いつの間にか、あの清涼感の虜になっていました♪
    年を重ねるにつれ、血液も心もドロドロになってきたからかな?(爆)

    名前の欄、一度入れたら保存されればいいんですけどね~。
    私もよく入れ忘れます・・・
    -- hiro (2008-11-15 21:50:05)
名前:
コメント: