|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく241

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/10/17

『くろく』で、気まぐれ限定の 「白菜らーめん」 (850円)を。
今回の限定は、大阪に本店を持ち、新宿などにも店舗を持つ、『どうとんぼり神座』を意識したという大阪人向け?のメニューとのことです。

スープは甘~~~い醤油スープ。
今まで食べたラーメンの中で、最も甘口のスープでしょう。
その甘味の正体は、白菜から出た甘味はもちろんのこと、香味油のようにレードルで入れていた物は何と砂糖水で、甘味のダブルパンチなスープになっています。
その超甘口スープを、多めに加えた唐辛子粉がビシッと締めています。(この唐辛子がホント効果的)


ガッシリ平太麺。
麺はレギュラー極太麺を、木の棒で平べった~く延ばしたストレートの平麺。
この平べったくした麺は、限定でよく出させますが、大体はフルフルとした、やや軟めの食感に茹で上げますが、今回はやや厚みを残し、ガシッとした歯ごたえに茹で上げられています。

具は茹で白菜・モヤシ・鉄板焼きバラチャーシュー・チョ~デカメンマ・小口ネギ。
スープを煮込む際に加えられた白菜は、噛むと中に染みた鰹ダシがジュワッと口の中にほとばしります。
このダシが染みた白菜はホントウマ~です。
白菜の乗せる土台にする為、メンマもいつにも増してどデカイです。


チョ~甘口スープは流石に完飲とはいきませんでしたが、クセになりそうな味わいです。
『神座』のラーメンは未食なので、味の違いは分かりませんが、食べれば食べるほどにハマルというのも分かる気がします。




                   by hiro (2008年 416杯目)


名前:
コメント: