|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

三福

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/10/8

新店の『らーめん 三福』へ。
仙台側から利府街道沿いの『麺屋久兵衛』のある交差点を左折してすぐの所にできたお店です。
秋田出身の店主が、地元の比内地鶏にこだわったラーメンを出しているそうです。
メニューは少数精鋭で、「鶏そば」「えびワンタン麺」「醤油らーめん」の麺類3種と、「ごはん」「今日のご飯」のご飯物2種のみとなっています。


食べたのは1日20食限定の 「鶏そば」 (850円)。
スープは非常に透明感のあるあっさり塩スープ。
味も無化調と思われる感じの澄み切ったクリアな味わいです。
鶏の旨味が中心ですが、ホタテも効果的に使っているような感じです。

麺は自家製の中細ストレート麺。
加水が高めなモチッとした食感で、ツルツルとした喉越しが特徴です。
入り口入ってすぐの製麺室を覗いたところ、中華麺用の国産小麦も使っているようです。


鶏3種盛り。
具の鶏肉は、しっとりとしたムネ肉・弾力のあるモモ肉・軟らかでコリコリっとした首肉の3種。
鶏肉の味付けもスープ同様薄味で、鶏そのものの旨味を楽しむような感じです。
その他の具はメンマ・カイワレ・刻み白ネギ。
気のせいか、メンマは果物のようなフルーティーな甘味を感じました。
もしかしたら、東京の某店のようにパイナップル油でも使っているのかも?(まぁ多分違いますがw)
鶏肉もメンマも、スープを邪魔しない感じの薄味で仕上げてあり、とてもよかったのですが、唯一カイワレがかなり辛かったのだけが残念。


こちらは「ごはん」(150円)。
こちらのご飯、ただの白いご飯ではありません。
なんと歯釜で炊いているのです!
写真では伝わりづらいのが残念ですが、一粒一粒が非常にツヤツヤしていて、まさに“銀シャリ”というような美しいご飯です。
デフォで鶏そぼろが乗っていますが、片側半分だけ乗せているのは、きっと最初はこだわりの“銀シャリ”をそのままで食べてほしいという表れだと思います。
炊きたてご飯を食べたい人の為にか、お店の入り口や店内に、ご飯の炊き上がり時間も表記してあります。


鶏そばのスープは、かなり薄味なので、物足りないと感じる人もいそうですが、店主のこだわりを感じ取れるようなラーメンです。
今後に非常に期待感が持てるお店なので、今後もちょこちょこ来たいと思います。






                   by hiro (2008年 404杯目)



  • 行動が早いですねぇ!
    私は日曜日に行きフラれました。
    何時頃まで営業しているのかなぁ。
    やはり、開店狙いか・・・
    -- 和尚 (2008-10-09 06:45:20)
  • 和尚さん、まいど~です。。
    早く閉まることが多いと聞いていたので、開店前に突撃しました(笑)
    この日も平日でしたが、オープン前に3組ほど並んでいました。
    ラーメンはまだまだ伸びしろを感じますが、比内地鶏スープと歯釜ご飯の2枚看板というコンセプトが明快なので、軸がブレずに今後伸びそうな予感です。
    -- hiro (2008-10-09 08:42:49)
名前:
コメント: