|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈82

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/9/20

『本竈』で、9月16日~10月10日まで限定の 「ゆず塩つけ麺」 (750円)を。
このお店の限定は、非常に楽しみにしているので、大概は発売初日に食べに行くのですが、今回は発売日の16日に何故か忘れるという大チョンボを犯したこともあり、数日遅れとなりました。。。
ゆず塩つけ麺は、Qさんはメルマガで確か2年ぶりと言っていましたが、実際は去年の年末以来ですね(笑)
流石は本竈で、今年もパワーアップしての登場です!


つけ汁は優し~味わい。
塩味のスープは非常にあっさりとしていますが、ホタテなどの貝類中心と思われるダシがギュギュッ!と凝縮されていて、物足りなさは皆無です。
スープをレンゲでそのまま飲むと、「ゆずが少々強いかな?」と感じますが、麺を浸けて食べるとちょうどよい、ほんのりとした風味でいただけます。

つけ汁内にはぶっとい格子切りの肩ロースチャーシュー・メンマ・刻み白ネギ&小口ネギ。
本竈の白ネギはいつも細かなみじん切りなので、輪切りにしてあるのは新鮮味を感じます。


麺はツルツル!
麺は岩手県産南部小麦使用の平打ちの中太麺。
最初、つけ汁に浸さずそのままいただいてみましたが、小麦の味をハッキリと感じ取れる素晴らしい麺です。
去年のゆず塩の麺は、少々ネジレが入った物でしたが、今年のはビシッとストレートで、非常に喉越しがいいです。
よく「スープと麺の相性がよい」という言葉を使いますが、このゆず塩つけ麺は、まさにその言葉がピッタリの、抜群の相性のよさを感じます。


これは旨かったですね~。
あっさりタイプのつけ麺で、これほど満足させてくれる物は、なかなかお目にかかれません。
特に麺とスープの相性のよさには、感動すら覚えました!
あっさりというだけでなく、麺のツルツル感で、いつも以上にドンドン口の中に入っていくので、小食の方以外は大盛りがおススメ。
期間中、もう1回は食べたいですね~。




                        by hiro (2008年 377杯目)



  • これ旨いっすよねぇー!
    私もつけ汁を最初に口に含んだ時、柚子果汁が強過ぎ!??
    と思いきや、麺を漬けると丁度良い・・・
    計算されています、、、
    アッサリだけど物足りなさは感じさせない旨味凝縮って感じですねぇ!
    また、食べに行ってきます。
    -- 和尚 (2008-09-21 22:33:25)
  • >私もつけ汁を最初に口に含んだ時、柚子果汁が強過ぎ!??
    >と思いきや、麺を漬けると丁度良い・・・
    そうなんですよね~。
    試作に試作を重ね、しっかりと計算されているのが伝わってきます。
    今回はスープ割りし忘れたので(最初に店員さんに言われていながら、旨さの余韻に浸って忘れちゃいましたw)、次回はしっかりスープも味わいたいです!
    -- hiro (2008-09-22 06:58:28)
名前:
コメント: