|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

欅屋

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/8/26

初来店の『欅屋』へ。
最近オープンした無化調ラーメンを出すお店です。
店内は外側で見るより広く、定食や夜のおつまみなども豊富なことから、ラーメン屋さんというよりは、ラーメン居酒屋的な雰囲気。
店員さんが7名もおり、みんな和気藹々とやっていて、勝手な想像ですが、店主と従業員という関係というより、気の合う仲間が集まってやっているという雰囲気を感じます。


食べたのは 「塩中華」 (700円)。
失礼ながら、食べる前は「居酒屋メインでラーメンはオマケ程度に作っているのだろう」と思っていましたが、一口スープをススルとその考えは一変します・・・
無化調らしい柔らかく淡いスープは、非常に重層的で、スープを飲めば飲むほどに、そのいくつにも折り重なる旨味の層に引き込まれていくよう。
鶏・豚・昆布・魚・野菜の旨味が、非常にバランスよく溶け合っているという印象で、最近ラーメンによく使われる「インパクト」とは全く一線を画した、主張する物を出さない非常に優しいスープです。


こちらも優し~です。。。
麺はややちぢれた中細麺。
茹で加減は今の時代でいうと、やや軟めといったところ。
カン水が控えめな感じで、スープ同様、主張しない非常に優しい麺という印象。
個人的にはもっと独自性のある麺が好みではありますが、スープとの相性でいうと、こういう麺だからこそいいのかもしれません。

具は肩ロースチャーシュー・メンマ・海苔・刻みネギ。
このラーメンの中で唯一インパクトがあるとしたら、このチャーシューがそう。
大ぶりで厚みもあり、優しいラーメンの中に「デン!」と座り込んでいる感じ。
だた味付けはスープの邪魔をしないように薄味に仕上げてあるのが流石です。

ランチタイム(15:00まで)は半ライスがサービスというのも嬉しいです。


インパクトがありそうな「カレー中華」(だったかな?)を食べた連れのスープも飲ましてもらいましたが、サラサラとしていて、カレーの味よりはダシの味がしっかりする、「和風スープカレー」と言えるような仕上がりで、インパクトではなく、あくまでもバランス重視の味わい。
恐らく塩・味噌・醤油と選べる坦々麺も、バランス重視なのでしょう。

車移動がほどんどの自分にとっては、駐車場が狭い(店舗前に1,2台分)が玉にきずですが、JR&地下鉄北仙台駅すぐそばなので、行く方はそちらを利用するのがおススメです。
今回食べた塩中華の印象はかなりよかったので、近いうちにまた再訪確実です!





                   by hiro (2008年 341杯目)


  • 温かいのは美味しそうですねぇ!
    冷たい系は難しいのでしょうね!
    次回は温かいのを頂いて見ます。
    -- 和尚 (2008-08-27 07:06:12)
  • 和尚さん、マイドです。
    麺はもうひと捻りほしい感じですが、じんわりスープはホント美味しかったです。
    ぜひ温かいのを食べてみてください!
    -- hiro (2008-08-27 10:59:46)
  • 少々前の話ですが、私はつけ麺もお勧めしません...。 -- あかなお (2008-08-27 23:56:16)
  • あかなおさん、マイドです。
    スープが非常に上品ですし、つけ麺にはちと弱いのかもしれませんね。
    意外につけ麺って難しいですからね~。私が大好きな福島の『山岸家』さんも、つけ麺だけは微妙ですし。。。
    私は次回は温かい鶏そばか、塩の坦々麺を食べてみたいと思っています。
    -- hiro (2008-08-28 08:39:12)
名前:
コメント: