|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中華そば あまの屋34

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/8/12

『あまの屋』で、月麺の 「涼風湯麺」 (850円)を。
スープは透明感が高い冷たい塩スープ。麺が浸る程度に薄く注がれていています。
酸味ほんのり・甘味ほんのりといった感じで、濃い目の味付けが多い冷やし中華とは一線を画しています。


キンキンに冷たい!
丼の底には凍らしたスープがたっぷりと敷き詰められています。
凍らせたスープを入れるのは他店でもたまに見ますが、大概1ヶか2ヶですが、このメニューは大きめの氷が5ヶほど入っているので、その分冷たさもひとしおです。

麺は中細のちぢれ麺。
レギュラーに使われている「水晶麺」ではなく卵麺。
このお店の限定では、よく卵麺が使われますが、大概ストレートの平太麺なので、細ちぢれは非常に珍しいです。

具は炙りチャーシュー・メンマ・ワカメ・生野菜(レタス・水菜など)。
野菜を麺に絡めて食べると、よりサッパリ感が出て、食欲が増進します。


メニュー名のように、あくまでも冷やし中華ではなく、“冷たいタンメン”と言えるような、独自性のある冷やし麺でした。





                           by hiro (2008年 321杯目)


名前:
コメント: