|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

おもと

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/8/8

本日開店の『節系とんこつらぁ麺 おもと』へ。
『一本勝負』(美味しくなければお金はいらぬのとこ)跡地にオープンしたお店です。
豚骨魚介では珍しい無化調ラーメンを出すそうです。
店内はかなり改装されていて一本勝負の時の汚さ(失礼。。。)を全く感じさせない造りになっています。
厨房やカウンターのレイアウトも大分変わっています。
メニューは食券機を見ると、味は大まかに「節とん」と「海老とん」があり、それをラーメン・つけ麺で選ぶ感じ。


どっちを食べるか迷ったので、そういう時は2杯喰い。。。
まずは 「節とんらぁ麺」 (730円)を。
まず丼の形に特徴があります。丼の口が真ん丸ではなく、楕円形になっています。
『たけや』@登米で使っている丼と似ています。

スープはいわゆる「豚骨魚介系」。ただ豚骨だけでなく、鶏がらやモミジも使っているそうです。
動物系の濃度はライトで、どっちかというと魚介の方が強めのスープに感じます。
スープ自体はライトでも、香味油の量が結構多いので、こってり感というか油っぽさが強いスープです。


麺はこれ↓
長さ短めでモチモチ系の太麺。麺箱には那須食品の文字。
同じ豚骨魚介系の『麺屋とがし』@南光台の麺に近いですが、あえて軟めに茹でているとがしに対し、こちらはやや硬めの茹で加減です。

具はバラチャーシュー・茹でキャベツ・海苔・刻み白ネギ&万能ネギ。
チャーシューは脱脂があまりされてないので、少々脂っぽさはありますが、厚みがあり非常にジューシーで、表面が炙ってあり、パリッとした食感もいいですね。
茹でキャベツも、油多めのスープの舌休めとして力を発揮しています。
あと食べ終わってから気付きましたが、メンマが入ってなかったデス(涙)
オープンしてすぐはどこでもオペレーション不具合があるので、しょうがないでしょう。

スープの濃度に対し、香味油の量が多いかな?という感じはありますが、オープン初日ということを考えれば、なかなかのレベルだと思います。
スープが変われば、大化けしそうな予感です。





                    by hiro (2008年 314杯目)


  • タイミングよく仕事で近場に行きどうせならと突入(笑)
    スープを飲むと何処かで?この様な味は?
    オーバーに言えば富樫に近い味!
    hiroさんの大化けがわかりました。

    しかし残念な出来事が
    麺茹で上がり、湯切りしてラーメンの器に入れようとした時
    なんとスープが入ってないではないか
    店員それ見てなんと又その麺をお湯に入れてました。
    そしてスープ入れたのを見て又湯切りしていれました
    これでは麺が生き生きしたようには感じられませんでした
    その麺を駄目にしてでも新しいので提供してほしかったでした

    -- オザワ (2008-08-11 21:30:48)
  • オザワさん、マイドです。
    >麺茹で上がり、湯切りしてラーメンの器に入れようとした時
    >なんとスープが入ってないではないか
    >店員それ見てなんと又その麺をお湯に入れてました。

    それは残念でしたね~。
    オープンキッチンだと、全部見えてしまいますもんね。。。
    こういうことは決してよいことではありませんが(私もメンマ入ってなかったですしw)、今は行列ができるような人気店でも、オープン当初はどこもこんな感じだったので、もう少し時間を見て判断したいと思います。
    -- hiro (2008-08-12 13:38:46)
名前:
コメント: