|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

龍亭2

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/8/2

福島遠征帰りに白石の『龍亭』へ。
宮城が誇る老舗中の老舗です。店構えそのものが年輪となって時代を感じさせてくれます。
実はこのお店、フラレ続けてその数なんと5回!
今回6度目の来店にして、ようやく食べることができました(涙)


食べたのは 「中華そば」 (500円)。
店構え同様、ラーメンもレトロそのままです。
昔ながらのあっさり醤油味ですが、弱いという感じはなく、物足りなさは感じません。

麺はやや軟めの中太麺。
麺の外側も内側も同じような歯ごたえという、中華麺らしからぬ不思議な食感です。
かといってノビているわけでもなく、心地よい食感です。
この芯が残らない感じからすると、カン水をほとんど使ってないのかもしれません。
量は結構多めで、200g近くありそう。それもあってか「小中華そば」もあります。

具はモモチャーシュー3枚・メンマ・海苔・刻みネギ。
チャーシューは口の中の水分が全部吸い取れるくらいパサパサな物ですが(笑)、逆にその食感が更にレトロさを増幅させます。


今年の目標にも入れていた宿題店にようやく来れてよかった~。
結構前の話ですが、麺が以前と変わったそうで、前の麺でも食べてみたかったですね~。




                   by hiro (2008年 310杯目)


  • タイムスリップしたようなお店ですよねぇ!
    これが「中華そば」だ!!と言わんばかりのそばだと思います。
    飾り気がなくて純粋に美味しいのが老若男女に愛されるそばなんでしょうね!
    色々なお店が出来たり閉めたりしてますが、要はどの様なお客様をターゲットにするかという事ではないでしょうか?
    少子高齢社会の日本ではやはり女性と高齢者をターゲットにした方が良いのでしょうか?
    -- 和尚 (2008-08-03 19:39:23)
  • ここまでタイムスリップしたようなお店は、仙台では『岳陽楼』くらいでしょうか?
    もっと粗い感じだと思っていましたが、意外にスッキリとしているラーメンでちょっと驚きでした。その辺が長い間飽きられずに愛されてきた理由の一つでしょうね!
    >少子高齢社会の日本ではやはり女性と高齢者をターゲットにした方が良いのでしょうか?
    私が来店した時も、おばあさんが一人で小中華そば食べていて、何かこういう雰囲気いいなぁって思いました。。。
    -- hiro (2008-08-03 20:24:01)
  • 本当に地元に愛されているお店って感じがしました。
    次回は前から気になっていたカレーですかね(笑) -- やお (2008-08-03 23:20:51)
  • >次回は前から気になっていたカレーですかね(笑)
    私も家に帰ってから思い出しました。。。
    カレーも食べればよかったと後悔です・・・
    -- hiro (2008-08-04 07:43:56)
名前:
コメント: