|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

うから家から〔福島県〕3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/8/2

この日はラー友と2人で福島遠征へ。
まず1軒目は『うから家から』へ。
埼玉の『麺匠むさし坊』の創業者の一人で、現『麺や 七彩』@東京都立家政の店主である阪田氏プロデュースのお店です。
(ちなみに『麺匠むさし坊』は、埼玉に3店舗・仙台に1店舗ありましたが、現在は閉店・リニューアル等で、むさし坊の名前を使っているのは、武蔵浦和の1店舗だけだそうです)
阪田氏プロデュースということで、もちろん無化調ラーメンを提供してくれ、元々は『蘂(はなしべ)』という居酒屋さんで、お昼のアイドルタイムを利用しての営業です。


食べたのは、1日5食限定の 「冷し担々麺」 (980円)。
まず色合いが鮮やかでキレイですね~。
以前『麺匠むさし坊 仙台店』で食べた「菜彩担々麺」を彷彿とさせるビジュアルです。
キレイさだけでなく、清涼感も伝わってくるようなビジュアルですね。


キンキンに冷たい!
スープは白ゴマペーストでコクのある冷たいスープ。
写真のレンゲ上の氷は、噛んでみたところ、魚ダシのスープを凍らせた物のようです。
氷の形状も、ただの四角ではなくひし形で、この辺にも見た目へのこだわりを感じます。

丼の底にはスープに混ざっている物とは別に、たっぷりの白ゴマペーストが沈んであり、そのペーストがキンキンに冷たい!
もしかしたら、丼にペーストを仕込んだ状態で冷蔵庫保存しているのかもしれない。
底のペーストをよく混ぜながら食べるラーメンは、今まで食べた冷たいラーメンの中でも、1番キンキンに冷たいです!!
しかもこのペースト、味も独創的で、アルコールのようなものを感じました。
もしかしたら、酒粕などを混ぜ込んでいるのかも?
辛さも唐辛子系の辛さよりも、ホワジャン独自の舌がスースーとする辛さが中心で、その爽やかさが更に清涼感を増幅させます。


麺もキンキンに冷たい!!
麺は以前食べた「ラーメン」「春の塩ラーメン」と同じ、加水の低い中細のちぢれ麺。
「長麺」と呼ばれるこの麺は、名の通り、通常の麺より非常に長いのが特徴です。
温かいメニューで食べた時は、元々軟めで更にノビやすいのが気になりましたが、これはしっかりと冷されているので、軟めであっても“芯”を感じ取れる食感で美味しいです。

具は味付け挽肉・レタス・紫玉葱・針唐辛子・別皿のいりゴマ。
ゴマを擦って加えると、更にコクのある味わいに変化します。


これは美味しかったですね~。
強烈な冷たさも含め、今年食べた冷たいラーメンの中でも1,2番に好みです。
塩がレギュラー化され、味もリニューアルされたそうなので、次回はそれを食べてみたいです!




                   by hiro (2008年 307杯目)


  • これも食べてみたいですねぇー!
    塩はかなり旨いですが、麺は超硬めで注文した方が・・・
    特に我々は食べる前の儀式が・・・短時間ですが微妙ーーに伸びてしまう位デリケートな麺だと思います(笑
    熱々のプチトマトも良い感じですよ~!
    -- 和尚 (2008-08-03 19:16:51)
  • 和尚さん、昨日は遭遇どうもでした。。。
    以前硬めで頼んだ時はあまり普通と変わらなかったので、“超”硬めくらいでちょうどよいかもしれませんね~。
    その点、このメニューは冷やしなので、儀式もゆっくりできました(笑)
    同行者の塩のスープを飲ましてもらったのですが、担々麺食べた後で舌がやられていたので、ほとんど分からずでした(涙)
    次回は“素”の舌で堪能します!
    -- hiro (2008-08-03 20:11:06)
  • そういえば、ほぼ隣にオープンした「麺や すみれ」ですけど「金ちゃんラーメン」と繋がりがあるようですね。来週そっち方面に用事があるので行ってみます。 -- やお (2008-08-07 00:15:18)
  • 金ちゃんと繋がりがあるなら期待できそうですね~。
    レポ期待してます。
    -- hiro (2008-08-07 08:11:34)
名前:
コメント: