|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈75

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/6/9

『本竈』「醤油ラーメン」 (650円)を。
特に深い意味はないと思いますが、少し前にメニュー表が変わると同時に「正油らーめん」から「醤油ラーメン」と表記が変わりました。。。

重層的のスープは、あっさりながらも非常にコク深い味わいです。
湯気と共に漂ってくる香りのよさも、ここの醤油ラーメンの“武器”といえるでしょう。


でも今回の主役はあくまでもこれ↓
本日のみ50食限定の「裏麺」。
通常は中細ストレート麺ですが、これは平打ちの中太ちぢれ麺。
スープとの相性は、もちろん“長年タッグを組んでいる”前者が勝りますが、麺そのものの存在感はこっちが上。
この裏麺で食べると、いつものニューウェーブなラーメンに、いい意味でチープさが出る感じ。
麺を変えるだけで、結構印象変わるんだなぁと感心です。
たまにこういう裏麺を出しますが、そういう遊び心は食べて側にも嬉しいですね。




                        by hiro (2008年 228杯目)



  • hiroさん、お疲れさまですw
    私も夜に同じ「醤油」で頂く事が出来ました
    あそこまでちぢれを打ち出した麺は、本竈にしては珍しいですよね
    食感も含め美味しかったですよ!!
    でも、食べ慣れているせいでしょうか、いつものスープにはやはり通常の中細ストレート麺の方が、相性の良さは上だなぁと感じました -- セス・ゲッコー (2008-06-10 07:21:33)
  • セスさん、マイドです!
    ちぢれ麺、食べれてよかったですね~(笑)
    そういえば本竈でちぢれ麺は、非常に珍しいですよね。
    この麺も美味しいですが、私もこの麺食べて、レギュラーの細麺がどれだけスープと相性よかったか気付かされた次第です。。。
    -- hiro (2008-06-10 08:16:16)
名前:
コメント: